サーホー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サーホー
Saaho
監督 スジート
脚本 スジート(脚本、テルグ語台詞)
K・G・R・アショーク(タミル語台詞)
アッバス・ダラール(ヒンディー語台詞)
フセイン・ダラール英語版(ヒンディー語台詞)
原案 スジート
製作 ヴァムシ・クリシュナ・レッディ
プラモード・ウッパラパーティ
ブーシャン・クマール英語版
出演者 プラバース
シュラッダー・カプール
音楽 ギブラン[1]
撮影 R・マディ
編集 A・スリーカル・プラサード
製作会社 UVクリエーションズ英語版
T-Series
配給 世界の旗 ヤシュ・ラージ・フィルム、パルス・フィルム[2]
インドの旗 AAフィルムズ英語版
日本の旗 ツイン
公開 インドの旗 2019年8月30日[3]
日本の旗 2020年3月27日
上映時間 170分[4]
製作国 インドの旗 インド
言語 ヒンディー語
タミル語
テルグ語
製作費 ₹3,500,000,000[5]
興行収入 ₹4,330,600,000[6]
テンプレートを表示

サーホー』(Saaho)は、2019年に公開されたインドアクションスリラー映画スジートが監督を務め、UVクリエーションズ英語版T-Seriesが製作会社として参加している[7][8][9]。映画はヒンディー語テルグ語タミル語で同時製作され、主演のプラバースヒンディー語映画デビュー作、ヒロインのシュラッダー・カプール南インド映画デビュー作となった[10][11][12][13]ムンバイと架空の犯罪都市ワージーを舞台に、暗殺された犯罪組織首領の後継者争いを描いている。

2017年8月からインドアラブ首長国連邦ルーマニアオーストリア主要撮影が行われ[14]、2019年8月30日にIMAXで公開された[15]。批評家からは酷評されたものの、興行収入は43億ルピーを記録した[6]

ストーリー[編集]

犯罪都市ワージーの経済と裏社会を牛耳るロイ・グループの首領ナランタク・ロイはエネルギー事業を展開するため20年振りにムンバイに帰郷するが、そこで前首領プルドヴィラージの息子デーヴラージに暗殺され、ロイ・グループの資産が積まれた船も爆破される。デーヴラージは理事会を招集して新首領の座を狙うが、ロイの側近イブラヒムは抗争を避けて秘密裏に育てられたロイの息子ヴィシュワクの存在を公表する。ワージーに到着したヴィシュワクはロイ・グループの継承と父殺しの犯人捜しを宣言し、同時にロイの遺産2兆ルピーの鍵となる「ブラックボックス」の存在を公表し、法律顧問のカルキを保管場所であるムンバイに派遣する。

同時期、ムンバイでは正体不明の盗賊による連続窃盗事件が発生していた。事件を解決するため覆面捜査官アショークが捜査チームのリーダーに抜擢され、殺人事件の捜査を担当していたムンバイ市警察のアムリタが捜査チームに編入される。アムリタはアショークに反発していたが、捜査を続ける中で次第に思いを寄せるようになる。そんな中、犯人と思われる男を突き止めたアショークたちは逮捕に向かうが、捜査チームのデヴィッドから情報を得ていた男は現場から逃走する。その後、捜査チームは男が出入りするナイトクラブに潜入し、アショークは男との接触に成功する。男から「ブラックボックス」の存在を聞き出したアショークたちも、ロイ・グループのムンバイ進出を阻止するため「ブラックボックス」の確保に向かうが、その情報はデヴィッドから男へ、シンデー署長からデーヴラージへと伝えられた。男とアショークが対峙する中、アムリタたちは追跡していた男が本物のアショークであり、それまで行動を共にしていた「アショーク」が連続窃盗事件の犯人サーホーであることを知る。サーホーは「ブラックボックス」を手に入れ、相棒のデヴィッドと共に現場から逃走する。

アムリタはサーホーの潜伏先を突き止め、アショークの指示でサーホーの元で情報を探るが、サーホーへの想いを断ち切れずにアショークへの情報提供を止めてしまう。そんな中、隠れ家にデーヴラージたちが現れてアムリタが撃たれ、サーホーも捕まってしまう。デーヴラージはアムリタを人質にしてサーホーに2兆ルピーを手に入れるように命令するが、ヴィシュワクと手を組んだサーホーはデーヴラージのビルを爆破し、彼が奪ったロイ・グループの資産を強奪する。同じころ、ワージー警察のジェニファーと合流したアショークはサーホーを追跡し、サーホーの依頼を受けたイブラヒムに救出されたアムリタもサーホーを追う。アムリタはワージー警察のヘリコプターに乗り込むが、狙撃犯からサーホーを守ろうとしてヘリコプターから転落する。サーホーはワージー警察のジェット・パックを奪いアムリタを助けるが、直後にワージー警察に逮捕される。サーホーはシンデー署長に連行され、かつてロイが支援していた廃村カラナ村に連れていかれる。同じころ、デーヴラージに内通していたカルキが「ブラックボックス」を奪い取り、ロイの遺産が保管された金庫に向かう。一方、アショークはヴィシュワクと接触し、アムリタはサーホーの情報を知るアレックスを問い詰める。彼らはそれぞれが得た情報から、サーホーの正体を知る。

カラナ村に連れ込まれたサーホーはデーヴラージの部下たちと闘い勝利するが、そこにデーヴラージが現れて彼を殺そうとする。しかし、デーヴラージの部下たちはサーホーの仲間に撃退され、彼自身も追い詰められる。サーホーはデーヴラージに対し、自分こそがロイの息子であることを告げ、彼を殺して父の復讐を果たす。同時にロイの暗殺に関与したプリンス、カルキ、シンデー署長もサーホーに協力していたイブラヒムたちによって粛清される。イブラヒムは理事会の場でヴィシュワクの正体が自分の息子イクバールであること、サーホーがロイの本当の息子であることを公表し、理事のプルドヴィラージたちはサーホーのロイ・グループ首領就任を承認する。数か月後、オーストリアインスブルックを訪れていたアムリタは、そこでサーホーと再会する。

キャスト[編集]

プラバース
シュラッダー・カプール
ジャッキー・シュロフ
ニール・ニティン・ムケーシュ
チャンキー・パーンデー
ムラリ・シャルマ
アルン・ヴィジャイ
ラール
ヴェンネラ・キショール
イヴリン・シャルマ
マンディラ・ベーディー
マヘーシュ・マーンジュレーカル

製作[編集]

インスブルック滞在時の製作チーム、インスブルック政府関係者(左から3人目がスジート、5人目がプラモード・ウッパラパーティ)
ゼルデンでのアイテム・ナンバー撮影中のプラバースとシュラッダー・カプール

『サーホー』は35億ルピーの製作費が投じられ[5]オーストリアハイデラバードムンバイアブダビ市ドバイルーマニアの他に複数のヨーロッパ諸国で撮影された[16][17]。2017年8月から主要撮影が始まり、プラバースシュラッダー・カプールアルン・ヴィジャイ英語版ジャッキー・シュロフラールニール・ニティン・ムケーシュマンディラ・ベーディーが参加した。製作費の大半はアクションシーンの撮影に費やされ、スタントコーディネーターのケニー・ベイツがアクションシーンの指導を担当している[18]

2017年10月までに、ハイデラバードでの最初の撮影スケジュールが完了した[19]。同月12月からラモジ・フィルムシティで第2スケジュールの撮影が始まり、シュラッダー・カプールは重火器を使用して撮影を行った[20]。数日後にはドバイに移動して1か月間かけて主要アクションシーンの撮影が行われ、プラバースとムケーシュが参加し、同時期にシュラッダーは『Stree』の撮影に参加するため離脱した[21]。映画の半分をハイデラバード、ムンバイ、ドバイで撮影した後、2018年2月から第4スケジュールの撮影がアブダビ市で数週間行われた。同月下旬から同市で第5スケジュールの撮影が始まり、3月中旬からはドバイとルーマニアで第6スケジュールの撮影が行われた。ラストシーンと歌曲シークエンスの撮影はオーストリアのインスブルックチロルで行われた[22][23][24][25][26][27][28]

物語の大半を占めるアクションシークエンスは、2億5,000万ルピーの予算を投じてブルジュ・ハリファ周辺で撮影された。プラバースは役作りのためにカーディオトレーニングやウエイトトレーニングプライオメトリックス英語版などの訓練を受けた。シュラッダーは映画で力強い女性捜査官を演じ、プラバースは影のある正体不明の男性を演じている[29]。彼の演じる役は「観客が最後まで正体を推測する謎の捜査官」と報じられた[30]。プラバースはヒンディー語版の吹き替えも行っており、シュラッダーはテルグ語版では声優が吹き替えている[31]。プラバースの敵役にはニール・ニティン・ムケーシュが起用され、悪役にはマンディラ・ベーディーが起用されている[32]。アルン・ヴィジャイは役作りのために髪を長髪にしている[33]

ロマンティック・ソング・シークエンスの振り付けはヴァイバヴィ・メルチャントが担当し、インスブルックの音楽学院やインスブルック市電英語版キュータイーザッテル英語版シュパイヒャー・フィンシュタータールオランダ語版、アドラース・ホテルで撮影され、いくつかのシーンは近隣のゼーフェルトでも撮影された。この他にシュトゥーバイ氷河の展望台、ゼルデンのレストラン・アイスQ、スワロフスキー・クリスタルワールド英語版ロイテ英語版ハイライン179英語版ザルツブルクレッドブル・ハンガー7英語版でも撮影が行われた[34][35][36][37][38][39]

アイテム・ナンバーは「Psycho Saiyaan」「Enni Soni」「Bad Boy」「Baby Won't You Tell Me」の4曲が作られ、タニシュク・バグチ英語版グル・ランダワ英語版バードシャーシャンカル=イフサーン=ロイ英語版ギブランが作曲を手掛けた。ヒンディー語版の作詞はタニシュク・バグチ、グル・ランダワ、バドシャー、マノージュ・ヤーダヴ、マラヤーラム語版の作詞はヴィナヤク・サシクマール英語版タミル語版の作詞はマダン・カールキ英語版ヴィグネシュ・シヴァン英語版、テルグ語版の作詞はスリージョー、クリシュナ・カントがそれぞれ手掛けている[40]

公開[編集]

2017年4月27日、プラバース主演作『バーフバリ 王の凱旋』の公開前日に『サーホー』の特報映像が公開され[20]、彼の誕生日の10月22日には映画ポスターが公開された[41]。ポスターの内容について『ブレードランナー 2049』のポスターと類似していたため「盗作」と批判を浴びた[42]。2018年10月22日にメイキング映像が公開され、シュラッダーの誕生日である2019年3月2日には新たなメイキング映像が公開された[43]。5月21日にプラバースをフィーチャーしたポスターが公開され[44]、1週間後には新しいポスターが公開された[45]。6月10日にはシュラッダーをフィーチャーしたポスターが公開され[46]、同月12日にはプラバースをフィーチャーした新しいポスターが公開された。7月23日にプラバースとシュラッダーをフィーチャーしたポスターが公開され、同時に公開日が8月30日であることがヒンディー語、マラヤーラム語、テルグ語、タミル語で発表された[47][48]。7月13日に特報映像がヒンディー語、マラヤーラム語、タミル語、テルグ語で公開され[49][50][51][52]、8月10日には予告編が4言語で公開された[53] [54][55][56]。8月30日にヒンディー語版、テルグ語版、タミル語版が同時公開された。また、カンナダ語吹替版も公開され、マラヤーラム語吹替版はAmazonプライムで配信された[57]

評価[編集]

興行収入[編集]

『サーホー』は公開初日に13億ルピーの興行収入を記録して『ロボット2.0』の記録(11億7,000万ルピー)を抜き、プラバース主演作『バーフバリ 王の凱旋』に次ぐ史上2番目の興行成績となった[58][59]。公開2日目以降の累計興行収入は22億ルピー[60]、公開初週末の累計興行収入は29億4,000万ルピー[61]、公開第1週の累計興行収入は37億ルピーを記録した[62]。公開10日目の累計興行収入は40億ルピーを超え[62]、国内純利益は公開終了時点で30億2,000万ルピーとなった[63]

批評[編集]

『サーホー』は批評家から酷評されている[64]Rotten Tomatoesには9件のレビューが寄せられ支持率9%、平均評価3.85/10となっている[65]インディア・トゥデイのラクシャラ・N・パラトは1.5/5の星を与え、映画を「35億ルピーの厄災」と表現し、「『サーホー』の救いはヴィジュアルと強烈なアクションシークエンスだった」「製作者たちは飛行アクションシークエンスとプラバースの存在感を出すことに夢中になり、途中でストーリーとキャラクターの設計を忘れてしまった」と批評している[66]ザ・タイムズ・オブ・インディアのティンカル・メノンは2.5/5の星を与え、脚本を酷評する反面、技術面では高い評価を与えている[67]タラン・アダルシュは1.5/5の星を与え、「才能と巨額の製作費、そして機会の無駄遣い……貧弱なストーリー、混乱させるような脚本に素人のようなディレクション」と批評している[68]ボリウッド・ハンガマは2.5/5の星を与え、「不十分で空虚な脚本に苦しめられている」と批評している[69]CNNニュース18英語版ラジーヴ・マサンドは1.5/5の星を与え、プラバースについて「彼は奇妙で不可思議な魅力的シークエンスで上半身裸で大空を飛びます。その妥当性や筋道を疑うことなく演じることに同意したことは同情に値します」と述べ、映画については「ビデオゲームの奥行きと感情的なスリルを持つ魂のない映画」と批評している[70]

トラブル[編集]

バッグ製造会社のArctic Foxは、『サーホー』の製作チーム及びクワン・エンターテインメントを詐欺で告発した[71][72][73]。同社マーケティング担当ヴィジャイ・ラオによると、『サーホー』劇中にArctic Fox製バッグを登場させる契約を結び、『サーホー』製作チームに370万ルピー、クワン・エンターテインメントに149万ルピーの契約料を支払ったものの劇中にバッグが登場しなかったと主張した[74][75]。Arctic Foxは宣伝費用などを含め1億3,800万ルピーの損害が出たと主張している[71][74][75]

ゲーム[編集]

2019年8月15日にハイデラバードの企業Pixalot Labsからファーストパーソン・シューティングゲーム『Saaho - The Game』が発売された[76][77]

出典[編集]

  1. ^ Saaho: Ghibran replaces Shankar-Ehsaan-Loy in Prabhas' magnum opus, will do background score for film”. First Post. 2020年4月9日閲覧。
  2. ^ A Yash Raj Films International Release in collaboration with Phars Film.”. Yash Raj Films. 2019年8月30日閲覧。
  3. ^ Prabhas And Shraddha Kapoor's Saaho Gets A New Release Date”. NDTV (2019年7月17日). 2020年4月9日閲覧。
  4. ^ Saaho (2019)”. British Board of Film Classification. 2019年8月29日閲覧。
  5. ^ a b At a reported Rs 350 crore budget, here’s where Prabhas’ Saaho stands on list of most expensive Indian films”. Hindustan Times (2019年8月29日). 2020年4月9日閲覧。
  6. ^ a b Top Grossers All Formats Worldwide Gross”. Box Office India. 2020年1月2日閲覧。
  7. ^ “Saaho: T-Series to bring Prabhas-Shraddha Kapoor starrer to the Hindi market”. Deccan Chronicle. (2017年9月5日). https://www.deccanchronicle.com/entertainment/bollywood/170418/t-series-to-bring-prabhas-Shraddha-kapoor-starrer-saaho-to-the-hindi-m.html 2017年9月5日閲覧。 
  8. ^ “'Saaho will be narrated from Shraddha Kapoor's point of view': Prabhas”. The News Minute. (2018年5月25日). https://www.thenewsminute.com/article/saaho-will-be-narrated-shraddha-kapoors-point-view-prabhas-81917 2020年4月9日閲覧。 
  9. ^ T Series pick Prabhas' Saaho” (英語). Hindustan Times (2018年4月18日). 2019年6月23日閲覧。
  10. ^ Prabhas's search ends at Shraddha – Pune Mirror -”. India Times. 2017年8月19日閲覧。
  11. ^ “Prabhas and Shraddha Kapoor's pact” (英語). Deccan Chronicle. (2017年9月5日). オリジナルの2017年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170905082457/http://www.deccanchronicle.com/entertainment/bollywood/050917/prabhas-and-shraddha-kapoors-pact.html 2017年9月5日閲覧。 
  12. ^ Prabhas: On crashing cars in Saaho and his next film, a love story”. www.thenational.ae. 2018年8月14日閲覧。
  13. ^ Prabhas to undergo transformation for his upcoming film after 'Saaho'” (2018年11月28日). 2018年12月17日閲覧。
  14. ^ Saaho director: Only fair that we shoot biggest actioner in IMAX”. Mid Day (2019年8月10日). 2020年4月9日閲覧。
  15. ^ Saaho to be released in IMAX format”. The Times of India. 2020年4月9日閲覧。
  16. ^ Team Saaho lands in Austria for crucial scenes” (英語). telugurajyam (2019年6月17日). 2019年6月23日閲覧。
  17. ^ “Saaho: Prabhas and Shraddha Kapoor chill in Austria after shoot. See viral pics” (英語). India Today. Ist. https://www.indiatoday.in/movies/regional-cinema/story/saaho-prabhas-and-shraddha-kapoor-chill-in-austria-after-shoot-see-viral-pics-1555557-2019-06-25 2019年7月5日閲覧。 
  18. ^ Saaho: Prabhas Begins Shooting For The Film; Joins The Cast On Set” (2017年8月19日). 2020年4月1日閲覧。
  19. ^ 'Saaho' finishes first schedule of shooting in Hyderabad - Times of India”. 2020年4月1日閲覧。
  20. ^ a b Prabhas' Saaho: Shraddha Kapoor Begins Second Schedule. Details Here”. 2020年4月1日閲覧。
  21. ^ 'Saaho' to kick-start its new schedule from tomorrow in Hyderabad - Times of India”. 2020年4月1日閲覧。
  22. ^ Not Just Shraddha Kapoor, Rajinikanth’s 2.0 Heroine Amy Jackson Will Also Be Part Of Prabhas’ Saaho”. India.com. 2018年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月1日閲覧。
  23. ^ Saaho: Prabhas, Shraddha Kapoor and film's crew enjoy an 'adventurous' cable ride in Austria” (英語) (2019年6月21日). 2019年6月23日閲覧。
  24. ^ EXCLUSIVE: Prabhas and Shraddha Kapoor head to Austria to shoot a romantic song for Saaho” (英語). PINKVILLA. 2019年6月23日閲覧。
  25. ^ Prabhas Shares Behind the Scenes Pic From Austrian Sets of Saaho for His Darling Fans”. News18 (2019年7月3日). 2019年7月5日閲覧。
  26. ^ Saaho: Prabhas sets internet on fire with a pic from Austria - Times of India” (英語). The Times of India. 2019年7月5日閲覧。
  27. ^ “Saaho update: Prabhas and Shraddha Kapoor jet off to Austria to shoot romantic song” (英語). India Today. Ist. https://www.indiatoday.in/movies/regional-cinema/story/saaho-update-prabhas-and-shraddha-kapoor-jet-off-to-austria-to-shoot-romantic-song-1546583-2019-06-11 2019年6月23日閲覧。 
  28. ^ Codingest. “Saaho in Innsbruck” (英語). NTV Telugu. 2019年6月23日閲覧。
  29. ^ Saaho: Prabhas and team to shoot action sequences near Burj Khalifa in February”. India Today (2018年1月24日). 2020年4月2日閲覧。
  30. ^ Prabhas and Shraddha Kapoor to essay grey characters in 'Saaho'? - Saaho: Interesting facts about the Prabhas and Shraddha Kapoor starrer - The Times of India”. The Times of India. 2020年4月2日閲覧。
  31. ^ Prabhas takes Hindi lessons to dub for Saaho | Bollywood Life”. www.bollywoodlife.com (2019年5月13日). 2020年4月2日閲覧。
  32. ^ Mandira Bedi and Neil Nitin Mukesh in negative roles - Saaho: Interesting facts about the Prabhas and Shraddha Kapoor starrer - The Times of India”. The Times of India. 2020年4月2日閲覧。
  33. ^ 'We have a surprise for fans on August 23', says Prabhas on 'Saaho' Tamil version”. New Indian Express (2019年8月17日). 2020年4月1日閲覧。
  34. ^ Gopi (2019年7月2日). “Saaho Movie Is In The Last Leg Of Shoot” (英語). Social News XYZ. 2019年7月4日閲覧。
  35. ^ Prabhas Shares Behind the Scenes Pic From Austrian Sets of Saaho for His Darling Fans”. News18. 2019年7月4日閲覧。
  36. ^ Saaho: Prabhas sets internet on fire with a pic from Austria - Times of India” (英語). The Times of India. 2019年7月4日閲覧。
  37. ^ Hooli, Shekhar H. (2019年7月4日). “Saaho makers reveal interesting details of Prabhas, Shraddha Kapoor's romantic songs” (english). International Business Times, India Edition. 2019年7月4日閲覧。
  38. ^ Vyas (2019年7月3日). “Prabhas shares his Austria experience” (英語). www.thehansindia.com. 2019年7月4日閲覧。
  39. ^ KINO: Bollywood in Tirol” (ドイツ語). meinbezirk.at. 2019年7月11日閲覧。
  40. ^ Psycho Saiyaan Teaser (Hindi) Saaho - Prabhas,Shraddha Kapoor, Neil Nitin Mukesh - Tanishk B,Dhvani B”. YouTube. T-Series (2019年7月5日). 2020年4月1日閲覧。
  41. ^ Saaho first look: Prabhas stares menacingly in an all-black avatar; film to release in 2018”. www.firstpost.com (2017年10月23日). 2017年10月24日閲覧。
  42. ^ Same-shame! Prabhas' look in latest Saaho poster is too similar to Blade Runner 2049” (2017年10月23日). 2020年4月3日閲覧。
  43. ^ On Shraddha Kapoor's Birthday, Makers of 'Saaho' Drop New BTS Teaser of Prabhas-starrer”. CNN News18 (2019年3月3日). 2019年5月1日閲覧。
  44. ^ Nayak, Pooja (2019年5月21日). “Saaho new poster out! Prabhas' deadly look is here to make you restless for the film”. Times Now News. 2020年4月3日閲覧。
  45. ^ Zip-Zap-Zoom: Prabhas Takes on the World in New Saaho Poster”. Times Now News (2019年5月27日). 2020年4月3日閲覧。
  46. ^ Shraddha Kapoor looks fierce in new Saaho poster”. The Indian Express (2019年6月10日). 2019年6月10日閲覧。
  47. ^ “'Saaho': Prabhas teases romantic poster with Shraddha Kapoor, gives new release date | Latest News & Updates at Daily News & Analysis” (英語). DNA. (2019年7月23日). https://www.dnaindia.com/entertainment/report-saaho-prabhas-teases-romantic-poster-with-shraddha-kapoor-gives-new-release-date-2774887 2019年7月23日閲覧。 
  48. ^ Object, object (2019年6月18日). “Prabhas, Shraddha to romance in Austria”. The Hans India. 2019年6月23日閲覧。
  49. ^ SAAHO TEASER - Prabhas, Shraddha Kapoor, Neil Nitin Mukesh - Bhushan Kumar - Sujeeth - Vamsi Pramod”. YouTube. T-Series (2019年7月13日). 2020年4月3日閲覧。
  50. ^ Saaho Official Teaser: Malayalam - Prabhas - Shraddha Kapoor - Sujeeth - UV Creations - #SaahoTeaser”. YouTube. UV Creations (2019年7月13日). 2020年4月3日閲覧。
  51. ^ Saaho Official Teaser : Tamil - Prabhas - Shraddha Kapoor - Sujeeth - UV Creations - #SaahoTeaser”. YouTube. UV Creations (2019年7月13日). 2020年4月3日閲覧。
  52. ^ Saaho Official Teaser : Telugu - Prabhas - Shraddha Kapoor - Sujeeth - UV Creations - #SaahoTeaser”. YouTube. UV Creations (2019年7月13日). 2020年4月3日閲覧。
  53. ^ Saaho Trailer : Hindi - Prabhas - Shraddha Kapoor - Sujeeth - #SaahoTrailer - T-Series”. YouTube. T-Series (2019年8月10日). 2020年4月3日閲覧。
  54. ^ Saaho Trailer: Malayalam - Prabhas - Shraddha Kapoor - Sujeeth - UV Creations - #SaahoTrailer”. YouTube. UV Creations (2019年8月10日). 2020年4月3日閲覧。
  55. ^ Saaho Trailer : Tamil - Prabhas - Shraddha Kapoor - Sujeeth - #SaahoTrailer - UV Creations”. YouTube. UV Creations (2019年8月10日). 2020年4月3日閲覧。
  56. ^ Saaho Trailer : Telugu - Prabhas - Shraddha Kapoor - Sujeeth - #SaahoTrailer - UV Creations”. YouTube. UV Creations (2019年8月10日). 2020年4月3日閲覧。
  57. ^ “Saaho first reviews: Prabhas and Shraddha Kapoor film is high on action, say latest reactions online” (英語). India Today. (2019年8月30日). https://www.indiatoday.in/movies/regional-cinema/story/saaho-movie-first-reviews-prabhas-and-shraddha-kapoor-film-is-high-on-action-say-latest-reactions-online-1593262-2019-08-30 2019年10月28日閲覧。 
  58. ^ Saaho box office collection Day 1: Prabhas movie collects over Rs 130 crore worldwide” (2019年9月1日). 2020年4月8日閲覧。
  59. ^ Hooli, Shekhar H. (2017年4月29日). “Baahubali 2 (Bahubali 2) 1st day worldwide box office collection: Prabhas-starrer gross Rs 212 crore, check areas-wise business”. International Business Times, India Edition. 2020年4月8日閲覧。
  60. ^ Saaho Box Office Collection Day 2: Prabhas' film breaks Rajinikanth's 2.0 record, becomes 2nd highest opener”. www.businesstoday.in. 2020年4月8日閲覧。
  61. ^ Saaho box office collection Day 3: Prabhas' film earns Rs 294 crore worldwide” (英語). The Indian Express (2019年9月2日). 2019年9月2日閲覧。
  62. ^ a b Hooli, Shekhar H. (2019年9月13日). “Saaho 14-day total box office collection: Prabhas-Shraddha film sees 85% drop in week 2” (english). International Business Times, India Edition. https://www.ibtimes.co.in/saaho-14-day-total-box-office-collection-prabhas-shraddha-film-sees-huge-drop-week-2-805365 2019年9月14日閲覧。 
  63. ^ Top Twenty Grossers All Formats - Saaho 9th War 12th - Box Office India”. boxofficeindia.com. 2020年2月4日閲覧。
  64. ^ Hooli, Shekhar H. (2019年8月31日). “This is why negative reviews won't affect Saaho box office collection for 3 days”. International Business Times, India Edition. 2019年9月16日閲覧。
  65. ^ Saaho (2019), Rotten Tomatoes, https://www.rottentomatoes.com/m/saaho 2019年8月31日閲覧。 
  66. ^ Palat, Lakshana N. (2019年8月30日). “Saaho Movie Review: Prabhas and Shraddha Kapoor film is a Rs 350-crore disaster” (英語). India Today. 2019年9月16日閲覧。
  67. ^ Saaho Movie Review {2.5/5}: 'Sahoo' is an ambitious project which relies on technical aspects and not on its script”. The Times of India. 2019年8月30日閲覧。
  68. ^ adarsh, taran (2019年8月29日). “#OneWordReview...” (英語). #SaahoReview. twitter.com. 2019年8月30日閲覧。 “#Saaho: UNBEARABLE. Rating: ½ A colossal waste of talent, big money and opportunity... Weak story, confusing screenplay and amateur direction.”
  69. ^ Saaho Review 2.5/5 : Though the Prabhas - Shraddha Kapoor starrer SAAHO suffers from a lackadaisical script and a vacuous screenplay it is bound to have a huge start and a good extended weekend.” (英語). Bollywood Hungama. 2019年8月30日閲覧。
  70. ^ Logic be damned! | Rajeev Masand – movies that matter : from bollywood, hollywood and everywhere else”. www.rajeevmasand.com. 2019年8月30日閲覧。
  71. ^ a b Complaint against 'Saaho' producers for allegedly not featuring product in film”. www.thenewsminute.com (2019年10月18日). 2019年11月4日閲覧。
  72. ^ Case against Saaho makers”. Telangana Today. 2019年11月4日閲覧。
  73. ^ Complaint against Sahoo producers | Hyderabad News - Times of India” (英語). The Times of India (2019年10月18日). 2019年11月4日閲覧。
  74. ^ a b Ravi, Murali (2019年10月18日). “Cheating Case against Saaho Producers” (英語). Tollywood. 2019年11月4日閲覧。
  75. ^ a b Complaint lodged against 'Sahoo' producers” (英語). www.thehansindia.com (2019年10月18日). 2019年11月4日閲覧。
  76. ^ Good News: Prabhas' 'Saaho Game' launched on Independence day”. The Asian Age (2019年8月16日). 2020年4月3日閲覧。
  77. ^ Saaho The Game Teaser - Prabhas - Shraddha Kapoor - Sujeeth - Ghibran - UV Creations”. YouTube. UV Creations (2019年8月13日). 2020年4月3日閲覧。

外部リンク[編集]