ミホル・マーティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミホル・マーティン
Micheál Martin
Mícheál Ó Máirtín
Micheál Martin (official portrait) 2020 (cropped).jpg
肖像写真
(2020年撮影)
生年月日 (1960-08-01) 1960年8月1日(59歳)
出生地 アイルランドの旗 アイルランド コーク州コーク
出身校 ユニバーシティ・カレッジ・コーク
前職 教師
現職
  • 首相
  • 国会議委員(TD)
  • フィアナ・フォイル党首
所属政党 フィアナ・フォイル - 共和党
称号 リベラル・アーツ学士(UCC)
政治史修士(UCC)
教育高等学位
配偶者 メアリー・オシア

内閣 第32次内閣
在任期間 2020年6月27日 - 現職
大統領 マイケル・D・ヒギンズ

アイルランドの旗 アイルランド
第17代 野党院内総務
内閣 第29次内閣
第30次内閣
第31次内閣
在任期間 2011年3月9日 - 2020年6月27日
大統領 メアリー・マッカリース
(2011年3月9日 - 2011年11月10日)
マイケル・D・ヒギンズ(2011年11月11日 - )

アイルランドの旗 アイルランド
第27代 外務大臣
内閣 第28次内閣
在任期間 2008年5月7日 - 2011年1月18日
大統領 メアリー・マッカリース

アイルランドの旗 アイルランド
第29代 企業通商雇用大臣
内閣 第26次内閣
第27次内閣
在任期間 2004年9月29日 - 2008年5月27日
大統領 メアリー・マッカリース

アイルランドの旗 アイルランド
国会議員(TD)
選挙区 コーク・サウスセントラル
在任期間 1989年6月 - 現職

その他の職歴
アイルランドの旗 アイルランド
第21代 保健児童大臣

2000年1月27日 - 2004年9月29日
アイルランドの旗 アイルランド
第31代 文部科学大臣

1997年6月26日 - 2000年1月27日
アイルランドの旗 アイルランド
コーク市長

1992年6月20日 - 1993年6月21日
テンプレートを表示

ミホル・マーティンMicheál Martin1960年8月1日 - )は、アイルランド政治家フィアナ・フォイル - 共和党所属の国会議員(コーク・サウスセントラル)、外務大臣(第27代)、保健児童大臣(第21代)、企業通商雇用大臣(第29代)、文部科学大臣(第31代)フィアナ・フォイル党首(第8代)。現職のアイルランド首相(第15代)である。

概要[編集]

1992年から1993年までコーク市長、1997年から2000年まで文部科学大臣を務めた。その後、保健児童大臣を務め、2004年にはアイルランドのすべての職場での喫煙を禁止し、保健サービス委員会(HSE)を設立した。アイルランドは職場での全面禁煙を導入した最初の国だった。2004年から2008年まで企業通商雇用大臣を務めた後、ブライアン・カウエン外務大臣に任命された。2009年には外務大臣として初めてラテンアメリカを訪問し、アイルランドの大臣として初めてキューバを公式訪問した。同年、シャロン・コミンズとヒルダ・カユキの誘拐事件を受けてスーダンハルツームを訪問した。2010年には、2007年にハマスがガザを支配して以来、初の欧米の外相としてガザを訪問した。

2011年1月18日、ブライアン・カウエンは外務大臣の辞任を受け入れた。1月26日、マーティンは4日前にカウエンが党首を辞任した後、フィアナ・フォイルの第8代党首に選出された。2011年の総選挙では、マーティンは党を85年の歴史の中で最悪の結果に導き、57議席を失い、人気投票でのシェアは17.4%に低下した。2016年の総選挙では、フィアナ・フォイルは大幅に改善し、議会での議席数は2011年の20議席から44議席へと2倍以上に増えた。2020年の総選挙では、フィアナ・フォイルが最大政党となり、38議席を獲得し、シン・フェイン党の37議席に1議席差をつけた[1]2020年6月27日には、フィナ・ゲール緑の党との歴史的な協定の一環として連立政権を率いて党首に任命された[2]

経歴[編集]

政界入りまで[編集]

生い立ち[編集]

コークで生まれ育ったマーティンは、元国防軍の兵士、アイルランド交通システム(CIÉ)の社員、アイルランドの国際ボクサーでもあるパディー・マーティン(1923年 - 2012年)とアイリーン・コルベット(1929年 - 2010年)の息子であり、5人家族の3番目の子どもである[3][4]。マーティンの長兄ショーンと双子の弟パドレイグは、コークの地方政治に関わるようになった[5][6]。妹のアイリーンとマーレイドは政治関係者ではない[7]。マーティンは、ユニバーシティ・カレッジ・コーク(アイルランド国立大学コーク校)でリベラル・アーツを学ぶ前は、Coláiste Chríost Rí に通っていた[8]

学生時代[編集]

マーティンが政治に関与するようになったのは、大学生の時だった。党の若者の翼であるオグラ・フィアナ・フォイル(フィアナ・フォイルの若者)の一員であり、後にオグラの全国委員長を務めた[9]。マーティンは学士号を取得した後、政治史の修士号を取得した[3]。その後、教育学の上級ディプロマを取得し、プレゼンテーション・ブラザーズ・カレッジで歴史の教師としてのキャリアを開始した[10]2009年には、学生時代の修士論文の『Freedom to Choose: Cork and Party Politics in Ireland 1918–1932選択の自由:1918年から1932年のコークとアイルランドにおける政党政治)』を書籍として出版した[11]

政界入り[編集]

マーティンの教師時代は短かったが、1985年にフィアナ・フォイル候補としてコーク市に当選し、わずか1年で政治家に転身した。この地元での活動がきっかけで、2年弱後には国政に進出することを決意した。1987年の総選挙では、4人のフィアナ・フォイル候補のうちの1人としてコーク・サウスセントラル選挙区に立候補したが、4人の中で最も少ない票で落選した[12]1988年にはフィアナ・フォイルの全国執行部の一員となった。

1989年には、当時の首相のチャールズ・ホーギーが解散総選挙を招集し、コーク・サウスセントラルで再びフィアナ・フォイルの切符に加えられ、その際にドイル・エアランに当選した。その後の選挙でも再選されている[12]

国会議員(TD)としての最初の数年間は、犯罪、金融、アイルランド語などを扱う数々の委員会の委員を務め、1992年にはコーク市長に就任した。2年後の1994年12月には、フィアナ・フォイルの新党首にバーティ・アハーンが選出された。1997年から2000年まで文部科学大臣、2000年から2004年まで保険児童大臣、2004年から2008年まで企業通商雇用大臣、2008年から2011年まで外務大臣、2011年から2020年まで野党院内総務となった。2011年からは、フィアナ・フォイル党首に就き、2020年6月27日から第15代首相となった。

内閣府[編集]

文部科学大臣(1997年 - 2000年)[編集]

1997年の総選挙でフィアナ・フォイルが政権に復帰すると、36歳のマーティンは文部科学大臣に任命された。バーティ・アハーンの最初の内閣の最年少大臣であった。文部科学大臣としての在任期間は、すべての教育への支出が増加したことが特徴であったが、初等教育のカリキュラムの見直しや特別支援員の導入など、多くの教育政策も開始された[13]

保健児童大臣(2000年 - 2004年)[編集]

2000年1月の内閣改造で、マーティンは保健児童大臣に任命された。マーティンの前任者、ブライアン・カウエンは、「地雷」はいつ爆発してもおかしくないと「アンゴラにいるようなもの」と位置を説明していた[14]

厳しい反対にもかかわらず、2003年1月30日にマーティンは、パブレストランを含むアイルランドのすべての職場での禁煙を2004年1月1日に禁止を実施する意向を発表した[15]。2003年9月にはニューヨークを訪問し、同様の禁止措置がどのように機能しているかを視察し、国連本部でたばこ規制に関する国際連合の枠組み条約に署名した[16]。2004年3月29日に導入され、アイルランドは世界で初めて職場での全面禁煙を導入した国となった[17]。2004年9月4日グラスゴーで開催された欧州呼吸器学会から禁煙の功績が認められ、マーティンは賞を授与された[18]

保健委員会の廃止と保健サービス委員会(HSE)の幹部の設立を検討し、2002年1月31日から薬局の規制を緩和した[19]

2003年10月、マーティンは1940年代から1950年代にかけてアイルランドの病院で起こった恥骨切開術の症例を調査し、その影響を受けた患者に無料の医療を提供することを約束した[20]

企業通商雇用大臣(2004 - 2008年)[編集]

2004年9月にはメアリー・ハーニーと政権交代し、企業通商雇用大臣に就任した。翌年の9月には、生活費に関する経済記録がアイルランド放送協会(RTÉ)のテレビ番組「Rip-Off Republic」の取材を受けた。これによりマーティンは、物議を醸していた1987年の原価以下の食料品の販売を禁止する食料品令を廃止することになった[21]

2008年2月29日には、アイルランド市民防衛軍と名乗る団体からの死の脅迫と散弾銃の弾丸を含む手紙が、ダブリンの不妊治療クリニックでマーティンに投函された[22]

外務大臣(2008年 - 2011年)[編集]

2008年5月のバーティ・アハーンの辞任に伴い、マーティンはブライアン・カウエンのフィアナ・フォイル党首候補を支持した[23]

2008年5月13日に行われた内閣改造では、ブライアン・カウエンの当選に伴い、マーティンは外務大臣に就任した。最初に扱わなければならなかった問題の一つは、リスボン条約の国民投票であった。マーティンは政府の選挙運動を主導し、政府・野党の圧倒的多数が賛成投票を支持したにもかかわらず、有権者は政府の提案を拒否した。マーティンとカウエンはリスボン条約の批准を支持するアイルランド国民を説得することができず、2008年6月12日の国民投票で表明されたこの抗議は、政府を大きな政治的危機に陥れた[24][25]

2009年2月、マーティンは初めてラテンアメリカを訪れ、メキシコハバナに立ち寄った。アイルランド政府の大臣がキューバを公式訪問するのは初めてのことだった[26]

2009年9月には、スーダン政府とシャロン・コミンズとヒルダ・カユキの誘拐事件について話し合うためにハルツームを訪れた[27]

2010年2月7日には、カナダオタワにある440万ユーロのアイルランド大使館の再開発を擁護した[28]2月22日、ブリュッセルではマフムード・アル・マブーフ暗殺事件でアイルランドのパスポートが不正に使用されたことをめぐり、イスラエルアヴィグドール・リーベルマン外務大臣と会談した[29]

2010年3月17日には、ホワイトハウスバラク・オバマ大統領とブライアン・カウエン首相とともに会談した[30][31]

2010年5月26日北京中華人民共和国の高官と会談し、中国とアイルランドの関係について議論した後、上海へ向かった[32]。上海では、2010年の上海国際博覧会を訪問した[33]

2010年6月28日ウガンダエチオピアを5日間訪問し、大臣やビジネスマンと面会した[34]

ガザ封鎖への批判[編集]

マーティンは外務大臣としてガザの封鎖に批判的であり、特に2009年に同地域への立ち入りを拒否された。スペイン(EU議長)に手紙を出し、2010年に外務大臣らを現地に派遣するよう提案した[35]。2010年2月25日には、エジプト国境を経由した1日だけの人道的ミッションで、マーティンが初めて現地を訪れた[36]。これによりマーティンは、2007年ハマースが支配権を握って以来、ガザを訪問した初の欧米の外務大臣となった[37]。ガザ滞在中、病院や学校を視察し、国際連合の車両も同行した[38][39]

マーティンは翌週のインターナショナル・ニューヨーク・タイムズにその経験を書いている[40][41]

マーティンは、ガザ船団襲撃事件とその余波で外務大臣を務めていた。イスラエル政府に対し、「さらなる流血」に巻き込まれないよう、MVレイチェル・コリー号がガザに援助物資を届けることを許可するよう要請したと、ドイル・エアランで語った[42]

フィアナ・フォイル党首[編集]

2011年[編集]

2010年9月、『モーニング・アイルランド』でのラジオインタビューで、ブライアン・カウエンの能力と首相としての政治的判断に疑念が浮上した。同月にマーティンは、他の閣僚のブライアン・レニハンとダーモット・アハーンが欠員が出た場合に党を率いる野望を抱いていたことを認めた[43]。党内の一部の反体制派のフィアナ・フォイル党員がカウエンの離党を求めたが、現職に挑戦する閣僚は一人もいなかった。それにもかかわらず、マーティンは2010年12月アイルランド放送協会(RTÉ)のラジオ番組『サタデービュー』で、欠員が出ればフィアナ・フォイルの指導者に立候補することに再び関心を示した[44]

2011年1月16日、マーティンはカウエンの党首討論で反対票を投じることを発表した。外務大臣の辞任を申し出たが、当初はカウエンに辞任を拒否された[45][46]。動議の結果、カウエンが勝利した後、辞任は受け入れられた。

2011年1月22日、ブライアン・カウエンは、信任投票で勝利を収めた数日後に、フィアナ・フォイル党首を辞任するが、首相として継続することを発表した。この日のRTÉニュースの特別番組では、多くのフィアナ・フォイルの国会議員(TD)が登場し、マーティンの党首就任を公に支持した[47]。同日の夜、マーティンは正式にフィアナ・フォイル党首としての支持を求める意向を表明した。

マーティンは2011年の総選挙に党を率いて臨み、フィアナ・フォイルがアイルランド国家史上最悪の敗北を喫して政権から一掃された。同党は、第一順位の票が半分以上に減少した。最終的にフィアナ・フォイルは57議席を失い、85年の歴史の中で最悪の選挙成績を75%も落とした。わずか20議席の3位にまで落ち込み、79年ぶりに議会で最大政党ではなくなった。

マーティンをはじめとするフィアナ・フォイル党の指導者は、早い段階で政府の再選はないと結論づけていたが、その敗北の深刻さに驚いていた。歴史的な規模の敗北」を受けて、マーティンは「あらゆるレベルで」党を刷新することを誓った[48]

シャナズ・エアラン選挙の際、マーティンは議会政党に10人の候補者の支持を推奨した[49]。これは、フィアナ・フォイルの評議員や現職の政党上院議員から憤りを買った。党は14議席を獲得したものの、推薦された10議席のうち5議席しか当選しなかった[50]

2011年8月、マーティンはゲイ・バーンを大統領選挙の候補者として打診したが、党内で論争を巻き起こし、党内候補のブライアン・クロウリーを支持した[51]。2011年9月世論調査では、フィアナ・フォイルの支持率は10%までに低下し、2011年2月の選挙結果よりも数ポイント低下した[52]

2016年 - 2018年[編集]

2016年には、アイルランドの個人税をアメリカ合衆国で見られるレベルにまで引き下げる計画についてフィナ・ゲールを批判した[53]

2016年の総選挙では、マーティンはフィアナ・フォイルを率いて158議席の議会で44議席を獲得し、緩やかな回復を遂げた[54]。2016年には首相に向けて立候補したが、どの候補者も十分な票を得られなかった[55]

2018年1月、マーティンは「残酷な柔軟性と意図しない結果」を挙げ、アイルランドの妊娠中絶の緩和を支持すると表明した[56][57]。具体的には、「アイルランド憲法修正第8条を廃止し、第1妊娠期の終わり近くまで依頼による中絶を認めることに賛成票を投じる」と述べたことで、フィアナ・フォイル党内での政治的対立が一部で起きた[58]。党の国会議委員(TD)と上院議員のうち31人が修正第8条の廃止に反対票を支持した[59]

2018年11月には、フィナ・ゲールレオ・バラッカーとマーティンが炭素税の増税をめぐって口論したことで、ドイル・エアランはほぼその日のうちに休会することになった[60]。マーティンは2018年12月、信任・供給協定の再交渉に向けた協議に入るかどうかの決定権を与えられた[61]。また、マーティンは2019年の総選挙を否定し、アイルランドの「国益」を考慮して自身の党とフィナ・ゲールの間で1年間の延長に合意した[62]

首相[編集]

2020年6月27日、マーティンはフィアナ・フォイルの歴史的な野党であるフィナ・ゲール党緑の党との間で政権を握る連立政権の合意のもと、首相に選出された[63]。93名の議員が賛成票を投じ、63名の議員が反対票を投じた[64]

人物[編集]

マーティンは大学時代に知り合ったメアリー・オシアと結婚しており、5人の子どもがいる。2010年10月、マーティンの末娘のレアナは心臓病を患い、グレート・オーモンド・ストリート病院で死亡した[65]。その11年前には、息子のルアイリが乳児期に死亡している[66]

出版[編集]

  • Freedom to Choose: Cork and Party Politics in Ireland 1918–1932選択の自由:1918年から1932年のコークとアイルランドにおける政党政治[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ General Election Results | RTÉ News. https://www.rte.ie/news/election-2020/results/. 
  2. ^ Thomas, Cónal (2020年6月27日). “Fianna Fáil leader Micheál Martin has been elected Taoiseach”. TheJournal.ie. https://www.thejournal.ie/fianna-fail-leader-micheal-martin-has-been-elected-taoiseach-5133786-Jun2020/ 2020年6月27日閲覧。 
  3. ^ a b McGreevy, Ronan (2015年1月26日). “Micheál Martin’s family history: from old IRA to the British army” (英語). The Irish Times. https://www.irishtimes.com/culture/heritage/micheál-martin-s-family-history-from-old-ira-to-the-british-army-1.2079135 2020年6月27日閲覧。 
  4. ^ Kelleher, Olivia (2010年4月6日). “Lana Martin funeral held” (英語). The Irish Times. https://www.irishtimes.com/news/lana-martin-funeral-held-1.648437 2020年6月27日閲覧。 
  5. ^ Riegel, Ralph (2016年11月16日). “Micheal Martin's brother defends decision to offer sympathy to family of paedophile” (英語). Irish Independent. https://www.independent.ie/irish-news/micheal-martins-brother-defends-decision-to-offer-sympathy-to-family-of-paedophile-35219821.html 2020年6月27日閲覧。 
  6. ^ “FF councillor ‘upset’ over selection of Martin’s brother” (英語). Irish Examiner. (2009年1月8日). https://www.irishexaminer.com/ireland/politics/ff-councillor-upset-over-selection-of-martins-brother-81455.html 2020年6月27日閲覧。 
  7. ^ “Mother of Minister Micheál Martin dies” (英語). The Irish Times. (2010年4月3日). https://www.irishtimes.com/news/mother-of-minister-micheál-martin-dies-1.647306 2020年6月27日閲覧。 
  8. ^ Healy, Yvonne (1999年11月6日). “Nice, bright and driven but has he the mettle?” (英語). The Irish Times. https://www.irishtimes.com/news/nice-bright-and-driven-but-has-he-the-mettle-1.247026 2020年6月27日閲覧。 
  9. ^ Ryan, Conor (2011年1月29日). “Ready for the long road and long term” (英語). Irish Examiner. https://www.irishexaminer.com/ireland/election-2011/ready-for-the-long-road-and-long-term-143606.html 2020年6月27日閲覧。 
  10. ^ Ryan, Conor (2011年1月29日). “Ready for the long road and long term” (英語). Irish Examiner. https://www.irishexaminer.com/ireland/election-2011/ready-for-the-long-road-and-long-term-143606.html 2020年6月27日閲覧。 
  11. ^ a b 184889001X
  12. ^ a b Micheál Martin”. ElectionsIreland.org. 2009年10月2日閲覧。
  13. ^ “Record £160m funding for third-level institutions”. RTÉ News and Current Affairs (アイルランド放送協会). (1999年7月27日). http://www.rte.ie/news/1999/0727/funding.html 2010年3月1日閲覧。 
  14. ^ The HSE – Angola all over again”. The Sunday Business Post (2007年11月11日). 2007年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月28日閲覧。
  15. ^ “Martin to introduce smoking ban 2004”. RTÉ News and Current Affairs (アイルランド放送協会). (2003年1月30日). http://www.rte.ie/news/2003/0130/smoking.html 2010年3月1日閲覧。 
  16. ^ “Martin to assess NY smoking ban”. RTÉ News and Current Affairs (アイルランド放送協会). (2003年9月14日). http://www.rte.ie/news/2003/0914/smoking.html 2010年3月1日閲覧。 
  17. ^ “Ireland's Smoking Ban Declared a Success”. Fox News Channel. (2004年3月30日). http://www.foxnews.com/story/0,2933,115581,00.html 
  18. ^ “Martin to receive award for smoking ban”. RTÉ News and Current Affairs (アイルランド放送協会). (2004年9月4日). http://www.rte.ie/news/2004/0904/smoking.html 2010年3月1日閲覧。 
  19. ^ “Pharmacy deregulation begins”. RTÉ News and Current Affairs (アイルランド放送協会). (2002年1月31日). http://www.rte.ie/news/2002/0131/pharmacy-business.html 2010年3月1日閲覧。 
  20. ^ “Martin promises Symphysiotomy review”. RTÉ News and Current Affairs (アイルランド放送協会). (2003年10月1日). http://www.rte.ie/news/2003/1001/symphyisotomy.html 2010年3月1日閲覧。 
  21. ^ “Grocery prices to drop from today after order's abolition”. アイリッシュ・インデペンデント. (2006年3月20日). http://www.independent.ie/national-news/grocery-prices-to-drop-from-today-after-orders-abolition-108597.html 
  22. ^ “Ireland: Death threats to clinics, gov't”. USA Today. (2008年3月10日). https://www.usatoday.com/news/world/2008-03-10-ireland-threats_N.htm 2010年2月26日閲覧。 
  23. ^ “Cowen front-runner to succeed Ahern”. アイルランド放送協会. (2008年4月3日). http://www.rte.ie/news/2008/0403/fiannafail.html 
  24. ^ Hennessy, Mark. “Martin leads FF campaign for Yes vote to Lisbon” (英語). The Irish Times. 2020年6月28日閲覧。
  25. ^ “Cowen disaster: little authority and no leadership”. アイリッシュ・インデペンデント. (2008年6月15日). http://www.independent.ie/national-news/lisbon-treaty/cowen-disaster-little-authority-and-no-leadership-1410607.html 
  26. ^ “Martin begins Latin America visit”. RTÉ News and Current Affairs (アイルランド放送協会). (2009年2月16日). http://www.rte.ie/news/2009/0216/martinm.html 2010年3月1日閲覧。 
  27. ^ “Martin travelling to Sudan for Commins talks”. RTÉ News and Current Affairs (アイルランド放送協会). (2009年9月5日). http://www.rte.ie/news/2009/0905/comminss.html 2010年3月1日閲覧。 
  28. ^ “Martin defends €4.4m embassy spending”. RTÉ News and Current Affairs (アイルランド放送協会). (2010年2月7日). http://www.rte.ie/news/2010/0207/embassy.html 2010年3月1日閲覧。 
  29. ^ Luke Baker (2010年2月22日). “Martin to quiz Israeli minister on passports”. アイリッシュ・インデペンデント. http://www.independent.ie/national-news/martin-to-quiz-israeli-minister-on-passports-2073499.html 2010年2月22日閲覧。 
  30. ^ Ralph Riegel, Conor Kane and Fionnan Sheahan (2010年2月27日). “Ministers may be shuffled out of the St Patrick's Day parade”. アイリッシュ・インデペンデント. http://www.independent.ie/national-news/ministers-may-be-shuffled-out-of-the-st-patricks-day-parade-2082526.html 2010年2月27日閲覧。 
  31. ^ “Taoiseach confirms St Patrick's Day trips”. RTÉ News and Current Affairs (アイルランド放送協会). (2010年3月5日). http://www.rte.ie/news/2010/0305/patricksday.html 2010年3月5日閲覧。 
  32. ^ “Micheál Martin discusses relations with China”. RTÉ News and Current Affairs (アイルランド放送協会). (2010年5月26日). http://www.rte.ie/news/2010/0526/china.html 2010年5月26日閲覧。 
  33. ^ “Martin calls for Chinese on Leaving Cert”. RTÉ News and Current Affairs (アイルランド放送協会). (2010年5月27日). http://www.rte.ie/news/2010/0527/china.html 2010年5月27日閲覧。 
  34. ^ “Micheál Martin visits Uganda, Ethiopia”. RTÉ News and Current Affairs (アイルランド放送協会). (2010年6月28日). http://www.rte.ie/news/2010/0628/martinm.html 2010年6月28日閲覧。 
  35. ^ “Martin critical of Gaza 'open prison'”. アイルランド放送協会. (2009年12月21日). http://www.rte.ie/news/2009/1221/mideast.html 2009年12月21日閲覧。 
  36. ^ “Martin to visit UN projects in Gaza”. アイルランド放送協会. (2010年2月25日). http://www.rte.ie/news/2010/0225/gaza.html 2010年2月25日閲覧。 
  37. ^ “Irish foreign minister makes ground-breaking Gaza visit”. ArabNews. (2010年2月25日). オリジナルの2010年2月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100227100451/http://arabnews.com/middleeast/article22374.ece 2010年2月25日閲覧。 
  38. ^ Irish delegation examines Gaza misery”. Press TV (2010年2月25日). 2010年2月25日閲覧。
  39. ^ “Irish foreign minister makes ground-breaking Gaza visit”. ArabNews. (2010年2月25日). オリジナルの2010年2月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100227100451/http://arabnews.com/middleeast/article22374.ece 2010年2月25日閲覧。 
  40. ^ “Irish FM urges EU to pressure Israel to end Gaza blockade”. Ha'aretz. (2010年3月5日). http://www.haaretz.com/hasen/spages/1154408.html 2010年3月5日閲覧。 
  41. ^ “Martin hits out at 'inhumane' Gaza blockade”. RTÉ News and Current Affairs (アイルランド放送協会). (2010年3月5日). http://www.rte.ie/news/2010/0305/gaza.html 2010年3月5日閲覧。 
  42. ^ Dougherty, Jill (2010年6月3日). “Ireland asks Israel for safe passage of another ship with aid for Gaza”. CNN. http://edition.cnn.com/2010/WORLD/meast/06/02/gaza.irish.ship/ 2010年6月3日閲覧。 
  43. ^ “Martin admits leadership ambition”. Irish Examiner. (2010年9月22日). http://www.irishexaminer.com/ireland/kfmhkfojaukf/rss2/ 2011年1月29日閲覧。 
  44. ^ “Martin 'interested' in FF role”. The Irish Times. (2010年12月4日). https://www.irishtimes.com/newspaper/breaking/2010/1204/breaking12.html 2010年12月8日閲覧。 
  45. ^ “Martin calls for Fianna Fáil to change leader”. アイルランド放送協会. (2011年1月16日). http://www.rte.ie/news/2011/0116/politics.html 2011年1月16日閲覧。 
  46. ^ “Martin to vote against Cowen”. The Irish Times. (2011年1月16日). https://www.irishtimes.com/newspaper/breaking/2011/0116/breaking2.html 2011年1月16日閲覧。 
  47. ^ “Four candidates to replace Cowen as FF leader”. RTÉ News. (2011年1月24日). http://www.rte.ie/news/2011/0124/fiannafail.html 2011年1月26日閲覧。 
  48. ^ Ferriter, Diarmaid (2011年3月1日). “Recapturing relevance a huge challenge for FF”. The Irish Times. https://www.irishtimes.com/newspaper/opinion/2011/0301/1224291075967.html 2011年9月18日閲覧。 
  49. ^ O'Regan, Michael; Walsh, Jimmy (2011年4月28日). “Martin's choices a cause of 'resentment'”. The Irish Times. https://www.irishtimes.com/newspaper/ireland/2011/0428/1224295622276.html 2011年9月18日閲覧。 
  50. ^ Collins, Stephen (2011年4月29日). “Fianna Fáil on course to beat Seanad election expectations”. The Irish Times. https://www.irishtimes.com/newspaper/frontpage/2011/0429/1224295675478.html 2011年9月18日閲覧。 
  51. ^ Rustic retreats (2010年11月18日). “Another fateful blow dealt to the Soldiers of Destiny”. The Irish Independent. http://www.independent.ie/opinion/analysis/fionnan-sheahan-another-fateful-blow-dealt-to-the-soldiers-of-destiny-2879609.html 2011年9月18日閲覧。 
  52. ^ Dublin v Kerry (2010年11月18日). “FF slumps to 10pc in poll”. The Irish Independent. http://www.independent.ie/national-news/ff-slumps-to-10pc-in-poll-but-norris-can-lift-party-2880209.html 2011年9月18日閲覧。 
  53. ^ "Fianna Fáil ‘a bit to the left’, says Micheál Martin": The Irish Times, Fiach Kelly, published 1/6/2016
  54. ^ "Irish election: Rivals Fine Gael and Fianna Fáil to discuss forming new government": BBC, published 3/2/20
  55. ^ "Irish election: Dáil fails to elect new taoiseach": BBC, published 3/10/2016
  56. ^ Wheaton, Sarah (2018年1月18日). “Irish opposition leader swings behind legalizing abortion”. Politico. https://www.politico.eu/article/micheal-martin-fianna-fail-irish-opposition-leader-swings-behind-legalizing-abortion/ 2018年1月19日閲覧. "Ireland’s opposition leader catalyzed the country’s abortion debate Thursday by saying he would defy the majority of his party to repeal a ban on terminating pregnancies." 
  57. ^ “Fianna Fáil's Martin supports repeal of abortion law”. BBC News. (2018年1月19日). https://www.bbc.com/news/world-europe-42746752. "The Republic of Ireland's main opposition leader has changed his mind on the country's abortion law due to the "real damage" it causes to women. "Abortion is a permanent and present reality" in Ireland, Fianna Fáil's Micheál Martin told RTÉ' radio." 
  58. ^ "‘Brave’ or ‘a betrayal’? Fianna Fáil members split on Martin’s abortion stance": The Irish Times, Ciara Kenn7, published 1/19/2018
  59. ^ Irish abortion referendum - LIVE: Official result confirms overwhelming win for Yes vote as Ireland rejoices”. The Independent (2018年5月26日). 2020年2月24日閲覧。
  60. ^ "Dáil in chaos as Varadkar and Martin argue 'like children' in carbon tax increase 'racket'": The Independent, Kevin Doyle and John Downing, published 11/21/2018
  61. ^ "Micheál Martin expected to offer Taoiseach another year": The Irish Times, , published 12/5/2018
  62. ^ "Citing Brexit, Micheal Martin rules out 2019 general election": The Irish World, published 12/12/2018
  63. ^ 新首相にマーティン氏 3党で連立政権―アイルランド:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年6月28日閲覧。
  64. ^ “New Irish PM puts Covid-19 top of agenda” (英語). BBC News. (2020年6月27日). https://www.bbc.com/news/world-europe-53201346 2020年6月28日閲覧。 
  65. ^ “Micheal Martin's daughter passes away”. TheJournal.ie. (2010年9月23日). http://www.thejournal.ie/micheal-martins-daughter-passes-away-2010-10/ 2011年1月19日閲覧。 
  66. ^ “Martin family heartbroken at death of daughter”. アイリッシュ・インデペンデント. http://www.independent.ie/irish-news/martin-family-heartbroken-at-death-of-daughter-26694475.html 2014年4月17日閲覧。 

外部リンク[編集]

市民事務所
先代:
デニス・クレガン
コーク市長
1992年 - 1993年
次代:
ジョン・マレー
議会(ウラクタス
先代:
バット・オキーフ
コーク・サウスセントラル選挙区国会議員
1989年 -
現職
公職
先代:
ニーヴ・ヴレスナック
文部科学省(現在の教育技能省)
1997–2000
次代:
マイケル・ウッズ
先代:
ブライアン・カウエン
保健児童大臣(現在の保健大臣)
2000年 - 2004年
次代:
メアリー・ハーニー
先代:
メアリー・ハーニー
企業通商雇用大臣(現在の経済企業技術省)
2004年 - 2008年
次代:
メアリー・コフラン
先代:
ダーモット・アハーン
外務省(現在の外務防衛省)
2008年 - 2011年
次代:
ブライアン・カウエン
先代:
エンダ・ケニー
野党院内総務
2011年 - 2020年
次代:
メアリー・ルー・マクドナルド
先代:
レオ・バラッカー
首相
2020年 -
現職
党職
先代:
ブライアン・カウエン
フィアナ・フォイル党首
2011年 -
現職