平城京左京三条二坊宮跡庭園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
復原建物と園池

平城京左京三条二坊宮跡庭園(へいじょうきょうさきょうさんじょうにぼうみやあとていえん)とは、奈良県奈良市三条大路にある庭園の遺構。かつての平城京における左京三条二坊六坪の地に相当する。

概要[編集]

1975年(昭和50年)以来、奈良国立文化財研究所によって5回の調査が行われ、坪の中央部の庭園と園池及びその西側の建物群が確認され、特別史跡に指定された。園池には底に玉石が敷き詰められた屈曲した水流の跡があり、曲水宴で使われたとみられている。他にも平城宮と同じとみられる瓦が確認されており、離宮か皇親の邸宅跡とする説もある。

参考文献[編集]

  • 森公章「平城京左京三条二坊宮跡庭園」(『国史大辞典 15』(吉川弘文館、1996年) ISBN 978-4-642-00515-9

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度41分02秒 東経135度48分09秒 / 北緯34.68375度 東経135.80239度 / 34.68375; 135.80239