自由党 (日本 1881-1884)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 日本政党
自由党
成立年月日 1881年10月18日
解散年月日 1884年10月29日
解散理由 内部対立のため
政治的思想・立場 急進的自由主義[1]
主権在民
機関紙自由新聞[2]
創設者:板垣退助
テンプレートを表示

自由党(じゆうとう)とは、1881年板垣退助らが結成した、日本最初の近代政党1884年に急進派の行動を抑えきる事が出来ず解散した。

概説[編集]

1880年明治13年)11月10日、国会期成同盟第2回大会において、河野広中植木枝盛松田正久らから政党結成の提案が出され、これに基づいて同年12月15日に「自由党準備会」が発足し、自由党結成盟約4か条を定めた。

1881年国会開設の詔が出たことを受けて国会期成同盟を基盤とした政党作りの作業が進められるが、やがて実務責任者であった林包明ら地方出身者の集団と沼間守一ら都市出身者の集団の間で確執が生じ、沼間らは離脱した(後に立憲改進党に合流)。 10月18日に浅草井生村楼で地方出身者と反沼間派の都市出身者によって創立大会を開催、29日に盟約[3]、規約、人事などを定め、初代総理(党首)は板垣、副総理に中島信行、常議員に馬場辰猪末広重恭後藤象二郎竹内綱、幹事に林包明・山際七司内藤魯一大石正巳林正明が就任した。フランス急進主義の影響のもと、一院制主権在民普通選挙などを掲げた。板垣は11月9日、就任を受諾した。

自由民権運動の担い手として全国に組織を広げるも、集会条例による弾圧1882年4月6日の岐阜事件、同年秋の板垣外遊の是非を巡る内紛(9月17日、外遊反対決議)による馬場、末広、大石の離党、更に板垣の留守中には、党内急進派が貧農層と激派を形勢して様々な事件を起こす。その後、1882年12月1日の福島事件、翌1883年3月20日の高田事件が勃発して弾圧が強化、更に、過激な行動に奔るという悪循環となる。更に同じ民権派の立憲改進党との対立も党内の混乱に拍車をかけた。

帰国した板垣は、党の先行きに不安を感じ、解党するか党再建のために10万円の政治資金を調達するかのいずれかの選択を提議した。だが、松方デフレによる有力な資金提供者であった豪農層の脱落が相次いだため資金集めに失敗し、1884年3月13日、東京の自由党大会で、総理に専断決行の特権を与えて権限を強化し、文武館(のち有一館と命名)を設立して板垣の下に党員の結集を図るが、執行部は地方の急進派を押さえきれなかった。そして、9月の加波山事件によって解党論が高まり、10月29日に大阪で解党大会を開いた(なお、当時獄中にいた星亨が獄中から解党反対の電報を打って板垣からは「バカイフナ(馬鹿言うな)」と返電された)。

なお、急進派による最大の蜂起事件である秩父事件はその直後10月31日に発生している。

脚注[編集]

  1. ^ 自由党 コトバンク デジタル大辞泉 2018年3月8日閲覧
  2. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. コトバンク. 2019年3月23日閲覧。
  3. ^ 自由党盟約』 - 国立国会図書館デジタルコレクション(自由党 1881, pp. 1-6)

参考文献[編集]

  • 自由党編 『自由党盟約』 自由党、1881年。 

関連文献[編集]

  • 宇田友猪、和田三郎『自由党史. 上』五車楼、1910年。NDLJP:991339
  • 宇田友猪、和田三郎『自由党史. 下』五車楼、1910年。NDLJP:991340

関連項目[編集]