藤原亮子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤原 亮子
藤原亮子.jpg
基本情報
出生名 藤原 亮
生誕 1917年3月1日
出身地 日本の旗 日本山口県萩市
死没 (1974-01-27) 1974年1月27日(56歳没)
学歴 東洋音楽学校
活動期間 1937年 - 1974年
レーベル ビクターレコード

藤原 亮子(ふじわら りょうこ、1917年3月1日 - 1974年1月27日)は昭和期の歌手。

経歴[編集]

山口県萩市出身。東洋音楽学校本科声楽科卒業。

1937年(昭和12年)、「泣いて居る」でビクターレコードからデビュー。

柴田睦陸との「朝だ元気で」、小畑実との「勘太郎月夜唄」、「婦系図の歌(湯島の白梅)」、「小太刀を使う女」、竹山逸郎との「誰か夢なき」、「月よりの使者」など、男性歌手とのデュエットでヒットを飛ばす。

生涯独身で、晩年は横浜で暮らした。

昭和40年代の懐メロブームの際に再登場し、テレビ番組などで自身のヒット曲を披露していた。その際は、ソロで披露することが多く、特に不仲だったとされる竹山逸郎とは、決してデュエットしなかった。

1974年1月27日、脳出血で死去。56歳没。

2008年8月27日に発売されたビクター・レコーディングズ②にて、彼女にしては非常に珍しい ソロの作品「矢車草の歌」が収録されている。