議院法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
議院法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 明治22年2月11日法律第2号
種類 憲法
効力 廃止
主な内容 議院の組織・運営・権限・議員など
関連法令 大日本帝国憲法日本国憲法国会法など
条文リンク なし
テンプレートを表示

議院法(ぎいんほう、明治22年2月11日法律第2号)は、大日本帝国憲法下で適用された法律である。1889年明治22年2月11日に大日本帝国憲法と同日に公布され、翌1890年明治23年11月25日施行された。議院法は、大日本帝国憲法により立法府として設置された帝国議会貴族院衆議院から成る。貴衆両院と総称する。)の組織・運営・権限・議員について定めた法律である。議員に関しては、議院法の他、貴族院令(明治22年勅令第11号)および衆議院議員選挙法(明治22年法律第37号)によっても定められた。

1890年11月29日の大日本帝国憲法施行に先立ち、1890年11月25日に第1回帝国議会は召集され、議院法はこの召集の日から施行された。

議院法は、1947年国会法(昭和22年法律第79号)附則により廃止された。

章立て[編集]

議院法(明治22年法律第2号)

  • 第一章 帝国議会召集成立及開会
  • 第二章 議長書記官及経費
  • 第三章 議長副議長及議員歳費
  • 第四章 委員
  • 第五章 会議
  • 第六章 停会閉会
  • 第七章 秘密会議
  • 第八章 予算案ノ議定
  • 第九章 国務大臣政府委員
  • 第十章 質問
  • 第十一章 上奏及建議
  • 第十二章 両議院関係
  • 第十三章 請願
  • 第十四章 議院ト人民及官庁地方議会トノ関係
  • 第十五章 退職及議員資格ノ異議
  • 第十七章 紀律及警察
  • 第十八章 懲罰

関連項目[編集]