2020年の台風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2020年の台風
軌跡の地図
最初の熱帯低気圧発生 5月10日
最初の台風発生 5月12日
最も強かった
台風
台風1号 – 965 hPa,
85 kt (10分間平均)
熱帯低気圧の総数 1
台風の総数 1
タイフーンの総数 1
総死亡者数 5
総被害額 不明
年別台風
2018, 2019, 2020, 2021, 2022

2020年台風(2020ねんのたいふう、太平洋北西部及び南シナ海[注 1]で発生した熱帯低気圧)のデータ。データは基本的に日本気象庁の情報に基づき、気象庁が熱帯低気圧としていない一部のものについては、合同台風警報センター (JTWC) のみに拠る。

台風1号5月12日に発生。台風に関する統計が開始された1951年以降で平均的な台風1号の発生は3月頃であるため、かなり遅めの発生となり[1]、統計史上8番目の遅さとなった[2][3][4][5][6][7][8][9]

各熱帯低気圧の活動時期[編集]

「台風」に分類されている熱帯低気圧[編集]

台風1号(ヴォンフォン)[編集]

タイフーン (JMA)
カテゴリー3 タイフーン (SSHWS)
発生期間 5月12日 – 5月17日
ピーク時の強さ 85 kt (10分間平均) 
965 hPa

5月6日頃にカロリン諸島近海で形成が始まった低圧部が、10日9時にフィリピンの東で熱帯低気圧に発達。フィリピン大気地球物理天文局 (PAGASA) は、フィリピン名アンボAmbo)と命名した[10][11][12]。その後合同台風警報センター(JTWC)により、熱帯低気圧番号01Wが与えられた。01Wは12日21時に、フィリピンの東の海上で中心気圧1,002hPa・最大風速18m/s・最大瞬間風速25m/sの台風となり[13][1][14][15][16][17][18][19][20][4]、アジア名ヴォンフォンVongfong)と命名された[21][22][23][24][25][26]。命名国はマカオで、「スズメバチ」を意味する[27][6]。台風は西に進みながら急速に勢力を強め、発生から21時間後には暴風域も発生し[28][29][30]、発生から24時間後(13日21時)には、中心気圧975hPa・最大風速35m/s・最大瞬間風速50m/sの強い勢力となった[31][32]。そして14日15時(現地時間の正午)頃に、中心気圧965hPa・最大風速45m/s・最大瞬間風速60m/sという非常に強い勢力で、フィリピン中部のサマール島東部(ビサヤ地方)に上陸[33][34][11][35][36][37]。そのおよそ7時間後には北サマル州カタルマンを通過した[38]。上陸後はフィリピン本土を北西に進み[39]、15日に首都マニラに接近[40]。しかしフィリピンを縦断するうちに勢力は次第に衰え[41][42]、15日18時までには990hPaまで中心気圧が上がっていた[43][44]。その後も北上を続けてルソン島を通過し、16日には中心気圧1,000hPa・最大風速18m/sと弱まって、南シナ海へと抜けた後にバシー海峡へと進んだ[30][45][46][47]台湾中央気象局は16日11時半に海上台風警報を発令し、バシー海峡を航行している船舶に対して注意を呼び掛けた[48]。そして17日3時、台風はバシー海峡で熱帯低気圧に変わった[49][50][51][52][53]

台風の直撃を受けたフィリピンでは、新型コロナウイルスの流行によって外出制限下にあった数万人もの人々が、台風とウイルスという二重の脅威に直面し、複雑で危険な避難を余儀なくされた[54][11][55]。フィリピン中部の各避難所では、コロナウイルスの感染拡大を防止するために、定員の半分のみの受け入れにとどめ、避難する際はマスクの着用を求めたという[11]。台風による暴風雨によって、東サマル州ではサンポリカルポ町で土砂崩れが発生したほか、アルテチェ町では教会の屋根が崩壊。またドロレス町やオラス町などを含め各地で建物の倒壊や住宅の全壊などの被害が出た[56]。同州では少なくとも2人が行方不明となり、1人が負傷したほか[57]、フィリピン全体では合計で5人が死亡・25人が負傷した[58][59][60][61][62][63][64][65][66][67][68][69][70]。またビコル地方では少なくとも141,700人が避難を強いられた[35]。マニラでもウイルス流行に伴う厳しい外出制限措置が取られていたため、簡素な家に住む低所得層も含め大半の人々は避難所へ行けず、自宅待機を余儀なくされた[40][71]マニラ湾沿岸には、木材トタン等でできた粗末な家が密集するスラム街が広がるため、高潮や強風による家屋損壊の恐れがあるとして、災害対策当局は警戒を呼び掛けた[40][72][73]

また、この台風から変わった熱帯低気圧は沖縄付近を通過し、これを含む暖湿気が本州付近の前線に流れ込んだ影響で、18日には西日本に停滞していた前線の活動が活発化して、沖縄や西日本で大雨となった[74][75]九州四国の一部では1時間に30mm以上の激しい雨が降り、大雨警報土砂災害警戒情報が発表された所もあった[74]。特に九州南部では100~200mmもの大雨になったほか[76]、沖縄県南城市糸数では15時20分までの24時間雨量が113.5mmに達した[75]。さらに19日には、台風から変わった低気圧周辺の湿った空気の影響で関東などでも本降りの雨となり、同日6時までの1時間に、千葉県鴨川市で12.5mm、船橋市で10.0mmの強い雨を観測したほか、東京都心でも9.0mmの雨が降った[77]

台風1号が5月以降に発生するのも、台風1号が「非常に強い勢力」となるのも、台風1号が暴風域を伴うのも、2016年以来4年ぶりとなった[78][14][79][80][81][82][83][84]。そしてこの年の台風1号は、1951年の統計開始来8番目に遅く発生した[1][85][86][87][88][89][90]

気象庁が「台風」に分類しなかった熱帯低気圧[編集]

熱帯低気圧番号(○○W)は、合同台風警報センター(JTWC)が熱帯低気圧と認めたものに付与し、同機関をはじめ海外の各気象機関で用いられる。フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)がフィリピン名を命名している場合、フィリピン名も併記。また、熱帯低気圧番号がない場合も、気象庁が熱帯低気圧としたものを以下、単に「TD」と示す。

各台風・熱帯低気圧名[編集]

PAGASAの熱帯低気圧監視エリア

順番はアジア名「ダムレイ」が1とされている[91]。またフィリピン名は、熱帯低気圧が監視エリアに入ったとき、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)が命名するものである[92]

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています


台風 アジア名 フィリピン名
順番 名称 読み 意味・由来 命名国・地域 名称 読み
1号 [01W] 63 Vongfong ヴォンフォン スズメバチ マカオ Ambo アンボ

各熱帯低気圧の影響[編集]

台風・
熱帯低気圧
期間 大きさ
強さ
階級 最大風速 最低気圧 影響地域 被害額 死者・行方不明者数(人) 出典
台風1号 [01W] (Vongfong, Ambo) 5月10日〜5月18日 非常に強い TY 45m/s(85kt) 965hPa パラオフィリピン台湾南西諸島 - 5 [60]
TY 100kt -
計1個 5月10日〜 - - 45m/s(85kt) 965hPa - - - -
100kt -
  • 「期間」は熱帯低気圧として存命した期間を表す。台風が熱帯低気圧に変わった場合、熱低化から消滅までの期間も含む。
  • 「階級」「最大風速」「最低気圧」は、それぞれ上段が気象庁、下段がJTWCの解析によるデータである。ただし、JTWCのデータがない場合、気象庁のデータのみを表示している。
  • 「階級」について、上段は気象庁が示す国際分類で、最大風速(10分間平均)によってTD=トロピカル・デプレッション、TS=トロピカル・ストーム、STS=シビア・トロピカル・ストーム、TY=タイフーンに分類される。下段のJTWCの分類は、TS=トロピカル・ストーム、TY=タイフーン、STY=スーパータイフーンで、最大風速(1分間平均)によって分類される。
  • 「出典」のはそれぞれ気象庁HPで公開されている台風の経路図及び位置表のリンクである。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 気象庁の観測対象範囲である東経100度から180度までの北半球。

出典[編集]

  1. ^ a b c 台風1号が発生、今週末に沖縄近海へ北上も?(杉江勇次) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年5月12日閲覧。
  2. ^ 台風1号が発生 過去8番目の遅さ” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年5月13日閲覧。
  3. ^ 台風1号発生、過去8番目の遅さ フィリピンの東” (日本語). 中日新聞 CHUNICHI Web. 2020年5月13日閲覧。
  4. ^ a b 共同通信 (2020年5月12日). “台風1号発生、過去8番目の遅さ フィリピンの東 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2020年5月14日閲覧。
  5. ^ 史上8番目に遅い台風1号「ヴォンフォン」発生 台風名と被害の関係(森さやか) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年5月15日閲覧。
  6. ^ a b 史上8番目に遅い台風1号「ヴォンフォン」発生 台風名と被害の関係(森さやか) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年5月13日閲覧。
  7. ^ 台風1号が発生、過去8番目の遅さ|全国のニュース|Web東奥” (日本語). Web東奥. 2020年5月13日閲覧。
  8. ^ 台風1号発生、過去8番目の遅さ” (日本語). 愛媛新聞社. 2020年5月13日閲覧。
  9. ^ 台風1号発生、過去8番目の遅さ フィリピンの東|全国のニュース|京都新聞” (日本語). 京都新聞. 2020年5月13日閲覧。
  10. ^ フィリピン 台風1号(フィリピン名:アンボ)の上陸に伴う注意喚起 | 日本橋夢屋” (日本語). 株式会社日本橋夢屋. 2020年5月14日閲覧。
  11. ^ a b c d 台風がフィリピン上陸、新型コロナ厳戒下で数万人が避難” (日本語). CNN.co.jp. 2020年5月15日閲覧。
  12. ^ 【領事班からのお知らせ】:台風1号(フィリピン名:アンボ)の上陸に伴う注意喚起” (日本語). Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2020年5月15日閲覧。
  13. ^ 台風1号 フィリピンの東で発生 18日以降、沖縄地方に影響か | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2020年5月12日閲覧。
  14. ^ a b 台風1号「ヴォンフォン」発生 5月以降に1号は4年ぶり(tenki.jp) - グノシー”. グノシー 雑談力がつくニュースアプリ. 2020年5月12日閲覧。
  15. ^ フィリピン東沖に台風1号 | newsclip (ニュース、ASEAN、その他のニュース)” (日本語). newsclip. 2020年5月13日閲覧。
  16. ^ 今年最初の台風 日本への影響は? 備えは?(日直予報士)” (日本語). tenki.jp. 2020年5月13日閲覧。
  17. ^ 雨警戒の夏近し 奄美・沖縄の梅雨入りに続いて台風1号の発生(饒村曜) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年5月13日閲覧。
  18. ^ 日本放送協会. “台風1号が発生 フィリピンの東の海上”. NHKニュース. 2020年5月13日閲覧。
  19. ^ 台風1号発生 沖縄の南に進む予想も | 琉球放送”. 2020年5月13日閲覧。
  20. ^ 台風1号発生、過去8番目の遅さ フィリピンの東” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2020年5月13日閲覧。
  21. ^ Inc, Primer Media. “【フィリピン経済ニュース】台風1号発生、週末フィリピン上陸・横断見込み” (日本語). Philippine Primer. 2020年5月13日閲覧。
  22. ^ 台風1号「ヴォンフォン」発生 5月以降に1号は4年ぶり(日直予報士)” (日本語). tenki.jp. 2020年5月12日閲覧。
  23. ^ 【台風発生】台風1号(ヴォンフォン)発生 5月に「1号」は9年ぶりの遅さ”. ウェザーニュース. 2020年5月12日閲覧。
  24. ^ 台風1号(ヴォンフォン)17~18日に沖縄地方に接近か” (日本語). 47NEWS. 2020年5月13日閲覧。
  25. ^ rescue4th (2020年5月12日). “令和2年 台風第1号 (ヴォンフォン) 発生 ミンダナオ島の東 05月12日〜05月13日 – 予想進路アーカイブ” (日本語). 自然災害レスキュー RESCUE4th.com. 2020年5月13日閲覧。
  26. ^ ii-nami.com. “台風1号 VONGFONG(ヴォンフォン)が発生しました | 宮崎・福岡・鹿児島のサーフィン・波情報ライブカメラサイト「ii-nami.com」” (日本語). 2020年5月13日閲覧。
  27. ^ 台風1号「ヴォンフォン」発生 5月以降に1号は4年ぶり” (日本語). gooニュース. 2020年5月12日閲覧。
  28. ^ 【台風1号情報】台風1号に暴風域が出現”. ウェザーニュース. 2020年5月14日閲覧。
  29. ^ 台風1号に暴風域が出現 発生から21時間で発達 - 記事詳細|Infoseekニュース” (日本語). Infoseekニュース. 2020年5月14日閲覧。
  30. ^ a b 台風1号進路図(気象庁発表)”. www.imocwx.com. 2020年5月15日閲覧。
  31. ^ 台風1号、発生から24時間で「強い勢力」に 日曜から月曜に沖縄の南へ” (日本語). ライブドアニュース. 2020年5月14日閲覧。
  32. ^ 台風1号が「強い」勢力に 発生から24時間で(2020年5月13日)|BIGLOBEニュース” (日本語). BIGLOBEニュース. 2020年5月14日閲覧。
  33. ^ 台風1号が非常に強い勢力に フィリピン・サマール島に上陸” (日本語). ウェザーニュース. 2020年5月14日閲覧。
  34. ^ 台風1号、フィリピン上陸 | newsclip (ニュース、ASEAN、その他のニュース)” (日本語). newsclip. 2020年5月14日閲覧。
  35. ^ a b フィリピンに台風1号上陸、数万人が避難 対人距離確保に不安も” (日本語). www.afpbb.com. 2020年5月15日閲覧。
  36. ^ 台風1号、フィリピンに上陸” (日本語). gooニュース. 2020年5月15日閲覧。
  37. ^ 台風で数万人退避、避難所で対人距離の確保指示 フィリピン” (日本語). CNN.co.jp. 2020年5月16日閲覧。
  38. ^ 〔クラクション〕今年初の台風が上陸 フィリピン・社会・事件” (日本語). NNA.ASIA. 2020年5月15日閲覧。
  39. ^ 強い台風1号はフィリピン通過中 週明けに沖縄の南で熱帯低気圧に” (日本語). ウェザーニュース. 2020年5月15日閲覧。
  40. ^ a b c 台風1号がマニラ接近も外出制限で避難できず 5月17~18日に台湾や沖縄に接近見込み | 社会 | 全国のニュース” (日本語). 福井新聞ONLINE. 2020年5月15日閲覧。
  41. ^ 台風1号はフィリピンで勢力を弱める 来週は日本付近に暖湿気が流入” (日本語). ウェザーニュース. 2020年5月15日閲覧。
  42. ^ 九州は前線で大雨 台風1号、フィリピン縦断:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年5月16日閲覧。
  43. ^ 台風1号「強い台風」から勢力は弱まる フィリピン通過中、18日に沖縄へ”. ryukyushimpo.jp. 琉球新報. 2020年5月15日閲覧。
  44. ^ 台風情報=気象庁予報部(位置) | 共同通信 ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2020年5月15日閲覧。
  45. ^ 九州は前線で大雨 台風1号、フィリピン縦断:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年5月16日閲覧。
  46. ^ 台風1号は勢力を弱め暴風域がなくなる 18日(月)にかけて先島諸島に接近” (日本語). ウェザーニュース. 2020年5月16日閲覧。
  47. ^ 令和2年 台風第1号に関する情報 第12号 (位置)”. www.jma.go.jp. 気象庁. 2020年5月16日閲覧。
  48. ^ 台風1号、台湾に接近 海上台風警報発令 | 観光 | 中央社フォーカス台湾”. japan.cna.com.tw. 2020年5月16日閲覧。
  49. ^ 台風1号 熱帯低気圧に変わりました(日直予報士)” (日本語). tenki.jp. 2020年5月17日閲覧。
  50. ^ 台風1号は熱帯低気圧に” (日本語). ウェザーニュース. 2020年5月17日閲覧。
  51. ^ 台風1号が熱帯低気圧に 沖縄地方は高波に注意を | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2020年5月17日閲覧。
  52. ^ 台風1号 熱帯低気圧に変わりました” (日本語). gooニュース. 2020年5月17日閲覧。
  53. ^ 台風1号 熱帯低気圧に変わりました 〈tenki.jp〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット) (20200517T035019+0900). 2020年5月17日閲覧。
  54. ^ コロナ外出制限下のフィリピンを台風直撃、二重の脅威に直面する避難者” (日本語). www.afpbb.com. 2020年5月14日閲覧。
  55. ^ コロナ外出制限下のフィリピンを台風直撃、二重の脅威に直面する避難者”. www.msn.com. 2020年5月15日閲覧。
  56. ^ まにら新聞ウェブ” (日本語). まにら新聞ウェブ. 2020年5月16日閲覧。
  57. ^ Share. “2 missing, 1 hurt as 'Ambo' slams Eastern Samar” (英語). www.pna.gov.ph. 2020年5月15日閲覧。
  58. ^ フィリピン、台風1号で4人死亡 避難所は対人距離1メートル以上:北海道新聞 どうしん電子版” (日本語). 北海道新聞 どうしん電子版. 2020年5月18日閲覧。
  59. ^ フィリピン、台風1号で4人死亡” (日本語). 西日本新聞ニュース. 2020年5月18日閲覧。
  60. ^ a b フィリピン、台風1号で4人死亡 避難所は対人距離1メートル以上(共同通信)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年5月18日閲覧。
  61. ^ Vongfong leaves 1 dead, extensive damage” (英語). www.cairnspost.com.au (2020年5月15日). 2020年5月15日閲覧。
  62. ^ “Typhoon leaves 1 dead, extensive damage in Philippine towns” (英語). Mainichi Daily News. (2020年5月15日). https://mainichi.jp/english/articles/20200515/p2g/00m/0in/094000c 2020年5月15日閲覧。 
  63. ^ Vongfong leaves 1 dead, extensive damage” (英語). au.news.yahoo.com. 2020年5月15日閲覧。
  64. ^ Typhoon Leaves 1 Dead, Extensive Damage in Philippine Towns”. usnews.com. 2020年5月15日閲覧。
  65. ^ Gutierrez, Jason (2020年5月15日). “Typhoon Vongfong Takes Aim at Philippine Heartland” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2020/05/15/world/asia/typhoon-vongfong-philippines-luzon.html 2020年5月15日閲覧。 
  66. ^ Press, JIM GOMEZ Associated (2020年5月15日). “Typhoon leaves 1 dead, extensive damage in Philippine towns”. KECI. 2020年5月15日閲覧。
  67. ^ Gomez, Jim (2020年5月15日). “Typhoon leaves one dead, extensive damage in Philippine towns” (英語). CP24. 2020年5月15日閲覧。
  68. ^ Typhoon leaves 1 dead, extensive damage in Philippine towns”. Star Tribune. 2020年5月15日閲覧。
  69. ^ Typhoon leaves 1 dead, extensive damage in Philippine towns” (英語). Sentinel and Enterprise (2020年5月15日). 2020年5月15日閲覧。
  70. ^ Press, Associated. “Typhoon Ambo leaves 1 dead, extensive damage in Philippine towns” (英語). newsinfo.inquirer.net. 2020年5月16日閲覧。
  71. ^ 台風1号、マニラに接近 厳格な外出制限で避難できず” (日本語). 高知新聞. 2020年5月15日閲覧。
  72. ^ 台風1号、マニラに接近 厳格な外出制限で避難できず” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2020年5月15日閲覧。
  73. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年5月15日). “台風1号、マニラに接近 外出制限で避難できず” (日本語). 産経ニュース. 2020年5月15日閲覧。
  74. ^ a b もと台風1号の暖湿気で大雨、関東は火曜日の朝がピークに(杉江勇次) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年5月18日閲覧。
  75. ^ a b 熱帯低気圧の影響 朝から雨(沖縄ニュースQAB)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年5月19日閲覧。
  76. ^ 台風1号崩れの本州の雨と来週末まで連続する沖縄の雨(饒村曜) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年5月19日閲覧。
  77. ^ 今朝の東京は土砂降りの雨 午前中は強い雨に注意” (日本語). ウェザーニュース. 2020年5月19日閲覧。
  78. ^ 4年ぶりに遅かった台風1号 早くも沖縄に接近か・・・(日直予報士)” (日本語). tenki.jp. 2020年5月13日閲覧。
  79. ^ tenki.jp. “台風1号「ヴォンフォン」発生 5月以降に1号は4年ぶり(tenki.jp)|dメニューニュース” (日本語). topics.smt.docomo.ne.jp. 2020年5月12日閲覧。
  80. ^ 台風1号「ヴォンフォン」発生 5月以降に1号は4年ぶり (2020年5月12日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年5月13日閲覧。
  81. ^ tenki.jp. “4年ぶりに遅かった台風1号 早くも沖縄に接近か・・・(tenki.jp)|dメニューニュース” (日本語). topics.smt.docomo.ne.jp. 2020年5月13日閲覧。
  82. ^ 強い台風1号 影響は? 1号で暴風域を伴うのは2016年以来(日直予報士)” (日本語). tenki.jp. 2020年5月14日閲覧。
  83. ^ 台風1号 「非常に強い」勢力に発達 1号では2016年以来(日直予報士)” (日本語). tenki.jp. 2020年5月14日閲覧。
  84. ^ 台風1号 「非常に強い」勢力に発達 1号では2016年以来 - 記事詳細|Infoseekニュース” (日本語). Infoseekニュース. 2020年5月16日閲覧。
  85. ^ デジタル台風:2020年台風1号(ヴォンフォン|VONGFONG)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年5月13日閲覧。
  86. ^ 台風1号発生、過去8番目の遅さ フィリピンの東 | 全国のニュース” (日本語). 福井新聞ONLINE. 2020年5月13日閲覧。
  87. ^ 台風1号発生、過去8番目の遅さ フィリピンの東:山陽新聞デジタル|さんデジ” (日本語). 山陽新聞デジタル|さんデジ. 2020年5月13日閲覧。
  88. ^ 台風1号発生、過去8番目の遅さ”. www.kanaloco.jp. 2020年5月13日閲覧。
  89. ^ 台風1号が発生、過去8番目の遅さ - 記事詳細|Infoseekニュース” (日本語). Infoseekニュース. 2020年5月13日閲覧。
  90. ^ 台風1号が発生 フィリピンの東、過去8番目の遅さ - 毎日新聞”. web.archive.org (2020年5月14日). 2020年5月14日閲覧。
  91. ^ 台風の番号と名前”. 気象庁. 2018年1月1日閲覧。
  92. ^ LIST: PAGASA's names for tropical cyclones in 2020”. RAPPLER (2020年5月14日). 2020年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月14日閲覧。

確定値 [編集]


外部リンク[編集]