2020年の日本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2020年の日本(にせんにじゅうねんのにほん)では、2020年令和2年)の日本の予定・出来事・流行・世相などについてまとめる。

他の紀年法[編集]

日本では、西暦の他にも以下の紀年法を使用している。なお、以下の紀年法は西暦と月日が一致している。

カレンダー[編集]

1月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
4月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
5月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
6月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

祝日[編集]

2019年改元や開催が予定されていた2020年東京オリンピックに伴い、一部の祝日が移動する。

  • 天皇誕生日(2018年までは12月23日)はこの年から毎年2月23日になる。なお2019年12月23日は平日[1]
  • 海の日(通常時:毎年7月第3月曜日)はこの年に限って7月23日(オリンピックの開会式を行う予定だった日の前日)になる[2]
  • 前年までの体育の日(通常時:毎年10月第2月曜日)の名称がスポーツの日と改められる[3]。さらにこの年に限って7月24日(オリンピック開会式を行う予定だった日)になる[2]
  • 山の日(通常時:毎年8月11日)はこの年に限って8月10日(オリンピック閉会式を行う予定だった日の翌日)になる[2]
  • それ以外の祝日は変更なし。

在職者[編集]

皇室[編集]

三権[編集]

世相[編集]

新型コロナウイルスの流行[編集]

新型コロナウイルスの流行に伴い、感染拡大防止のためイベント・スポーツの自粛[4]や学校の臨時休校 [5]などの措置が実施されたほか、都市部などで更なる感染拡大の兆しが出てきたことから、日本政府により緊急事態宣言が発令された[6]。また、世界規模での感染拡大パンデミック)により本年夏の開催が予定されていた東京オリンピックパラリンピックの1年程度の延期も決まった[7]

周年[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

予定[編集]

世界的な新型コロナウイルス感染症の流行により各種の予定などに影響が出ており、以下の予定も変更又は中止される可能性がある。

6月[編集]

7月[編集]

  • 7月1日
    • 東海道・山陽新幹線でN700S系が運行を開始する[75]
    • 改正容器包装リサイクル法の施行により、スーパーやコンビニエンスストアなどの小売店で、レジ袋の有料化が義務化される[76]

8月[編集]

9月[編集]

  • 9月1日 -「マイナポイント事業」開始予定。マイナンバーカードと紐付けたキャッシュレス決済で支払いをすると、決済金額のうち25パーセント(上限5,000円相当)のポイントが付与される[77]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

  • 12月31日 -
    • 男性アイドルグループ・がこの日をもって無期限で活動を休止する予定[82][83]
    • 男女混合パフォーマンスグループ・AAAがこの日をもって無期限で活動を休止する予定。

時期が未定または不明な出来事[編集]

社会[編集]

政治[編集]

  • 当年実施見込みの日本の選挙(【】内は任期満了日、満了日基準で記載[92])。

(出典はリンク先の当該選挙に貼る)

経済[編集]

教育[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

イベント[編集]


文化と芸術[編集]

出版[編集]

文学[編集]

音楽[編集]

映画[編集]

邦画
洋画

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

アニメ[編集]

アニメーション映画
テレビアニメ
配信アニメ

ゲーム[編集]

スポーツ[編集]

総合競技大会[編集]

各競技[編集]

野球[編集]

  • プロ野球
  • MLB日本人選手

サッカー[編集]

相撲[編集]

競馬[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

フィクションのできごと[編集]

  • 1月 - 3月 - この間にブレイブポリスが発足する。(アニメ『勇者警察ジェイデッカー』)
  • 6月28日 - 午後4時39分頃、突如東京都で連続爆破事件が発生。死傷者・行方不明者200万人以上を出す大惨事となった。これがエクスアームの一次接触とされる。(漫画『EX-ARMエクスアーム』)
  • 6月 - 世界各地に正体不明の「敵」が出現し、破壊活動を開始。この「敵」は第一級災害指定異来生物「アンノウン」と呼称されるようになる。(小説・アニメ『プロジェクト・クオリディア』シリーズ)[133]
  • 8月6日 - 本震と余震によって地球上のあらゆるデジタル機器を完全に破壊できる規模の、史上最大級の「情報震」が発生する。(小説『ぼくらは都市を愛していた』)[134]
  • 12月24日 - エヴァ・フォルツォイクが復活する。(アニメ『勇者警察ジェイデッカー』)
  • ケムール人が1960年代の地球へと出立。(特撮テレビ番組『ウルトラQ』)
  • ウルトラマンダイナとスーパーGUTSがダイモス軌道上でグランスフィアを撃破するが、ダイナ(アスカ・シン)はグランスフィア撃破時に生じたワームホールに飲み込まれ、時空のかなたへと飛ばされる。その後、同日は「アスカ記念日」となる。(特撮テレビ番組『ウルトラマンダイナ』)[135]
  • 地球が異星人の攻撃を受け、これを迎撃したNASAコスモスセンターの最新鋭戦闘機隊も壊滅。この戦闘で恋人を失ったヒロコ=A=FOXが、NASAが未完成状態で封印していた戦闘機「オルディネス」を発進させ、異星人に挑む。(ゲーム『オルディネス』)[136]
  • 宇宙企業IUU社が、宇宙船の周囲のみ光速を増大させることによる超光速航法「光速伸張航法」の特許を申請する。(小説『光世紀パトロール』)[137]
  • 外宇宙から「ドラゴン」が襲来し、世界中がフロワロの花で覆われる。(ゲーム『セブンスドラゴン2020』)[138]
  • 月面で夢の新鉱物が発見され、設計デバイス「GA-BAN」で設計された月面資源採掘船「ドデカトロン」が採掘に向かう。(三菱みなとみらい技術館の体験展示「トライアルスクエア」)[139]
  • 兵器複製技術を用いる異星文明が地球侵略を開始。人類は人工島「トーポ・アイランド」で製造されたプラズマ波動兵器と、それを装備したスーパー戦闘機を用いて反撃を開始する。(ゲーム『トライゴン』)[140]
  • E.C.ドイツ連邦共和国ヴァレンシュタイン大学のミハイル・ランドルト教授が特殊なアクチュエーターを発明。化学反応によって硬軟化する特殊素材を応用した可動調整装置。(ゲーム『フロントミッション』)
  • 動物の尻尾を模したアクセサリが女子高生の間で大流行する。(アニメ『謎の老婆』シリーズ「おくれるリモコン」)
  • 西暦が終わり、神世紀へと移行。(イラストノベル『乃木若葉は勇者である』)[141]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)の一部改正について 内閣府。
  2. ^ a b c 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)の特例について 内閣府。
  3. ^ 国民の祝日について 内閣府。
  4. ^ 国内のスポーツ・文化イベント、2週間自粛要請へ 首相 朝日新聞デジタル (2020年2月26日)
  5. ^ a b 全国すべての公立小中高休校へ 安倍首相が表明、新型肺炎で3月2日から(産経ニュース 2020年2月27日)
  6. ^ a b 首相、緊急事態宣言を発令 8日午前0時に効力発生 7都府県対象に” (日本語). 毎日新聞 (2020年4月7日). 2020年4月7日閲覧。
  7. ^ a b 東京五輪・パラ、「1年程度」の延期決定 「東京2020」の名称は維持 BBC NEWS (2020年3月24日)
  8. ^ 箱根駅伝100周年~世界を目指す男たちの戦い~ : スポーツ報知 報知新聞社(2020年1月1日) 2020年2月22日閲覧
  9. ^ NHK神戸放送局 阪神・淡路大震災25年 今だからこそ NHK 2020年2月22日閲覧。
  10. ^ 外務大臣及び防衛大臣共催日米安全保障条約60周年記念レセプション 外務省(2020年1月19日) 2020年2月22日閲覧。
  11. ^ マツダ、100周年の変革期で試す独自性 日本経済新聞(2020年1月30日) 2020年2月20日閲覧。
  12. ^ 天理大学|沿革
  13. ^ JR東日本・JR西日本が共同で「北陸新幹線開業5周年キャンペーン」を実施します!”. JR西日本 (2019年7月2日). 2019年9月11日閲覧。
  14. ^ 日本KFCホールディングス株式会社|会社概要
  15. ^ 2000年(平成12年)4月26日大蔵省告示第117号「平成十二年七月十九日から発行する日本銀行券二千円の様式を定める件」 - 財務省
  16. ^ LEXUS、2005年8月30日に全国で開業-あわせて店舗・サービスの概要を発表- トヨタ自動車 2005年5月19日
  17. ^ "徳島大正銀が発足 令和初の銀行合併". 徳島新聞. 2020-01-01. 2020年1月1日閲覧
  18. ^ 中国公船4隻が領海侵入 沖縄・尖閣沖:時事ドットコム 時事通信社(2020年1月4日) 2020年2月22日閲覧。
  19. ^ 東京新聞:白杖男性 線路転落、死亡 JR日暮里駅 ホームドアなく”. 東京新聞 (2020年1月11日). 2020年4月11日閲覧。
  20. ^ 中国船が尖閣領海侵入 今年2日目 - 産経ニュース 産経新聞(2020年1月14日) 2020年2月22日閲覧。
  21. ^ NHK前田会長が就任 「不断の改革進める」”. 日本経済新聞 (2020年1月27日). 2020年4月11日閲覧。
  22. ^ ソフトバンクの機密情報、ロシアに譲渡か 元社員逮捕”. 日本経済新聞 (2020年1月25日). 2020年4月11日閲覧。
  23. ^ "(株)大沼ほか~山形県唯一の百貨店「大沼」を運営~". TSR速報. 株式会社東京商工リサーチ. 2020-01-27. 2020年1月27日閲覧
  24. ^ "(株)大沼ほか1社~百貨店「大沼」、破産申請と同日、開始決定~". TSR速報. 株式会社東京商工リサーチ. 2020-01-27. 2020年1月28日閲覧
  25. ^ 政府チャーター機が羽田到着 武漢から邦人206人搭乗 - 日本経済新聞 (2020年1月29日)
  26. ^ 黒川東京高検検事長、勤務を延長 政府が閣議決定”. 日本経済新聞 (2020年1月31日). 2020年4月11日閲覧。
  27. ^ 新型肺炎「指定感染症」2月1日施行 WHO緊急事態宣言”. 日本経済新聞 (2020年1月31日). 2020年1月31日閲覧。
  28. ^ 中国船が一時領海侵入 尖閣周辺、今年3日目 - 産経ニュース”. 産経新聞社 (2020年2月5日). 2020年3月21日閲覧。
  29. ^ 中国船が一時領海侵入 尖閣周辺、今年4日目 - 産経ニュース”. 産経新聞社 (2020年2月13日). 2020年3月21日閲覧。
  30. ^ 歌手の槇原敬之容疑者を逮捕 覚醒剤など所持容疑:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年2月16日閲覧。
  31. ^ 男性の世界最高齢、渡辺智哲さん死去 112歳”. 朝日新聞 (2020年2月23日). 2020年4月11日閲覧。
  32. ^ 森法相の不信任案が否決 棚橋・衆院予算委長の解任案も”. 朝日新聞 (2020年2月27日). 2020年4月11日閲覧。
  33. ^ “新幹線700系の8日ラストラン取りやめ 感染拡大防止で 1日が最後の運行に”. 毎日新聞. (2020年3月2日). オリジナルの2020年3月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200303063356/https://mainichi.jp/articles/20200302/k00/00m/040/179000c 2020年3月3日閲覧。 
  34. ^ 新型コロナ 入国制限強化・習氏来日延期、同時に 首相、保守派・中国に配慮”. 毎日新聞 (2020年3月7日). 2020年4月11日閲覧。
  35. ^ 首相、新型コロナ「歴史的緊急事態」…議事録作成など義務づけへ”. 読売新聞 (2020年3月9日). 2020年3月10日閲覧。
  36. ^ 新型コロナは「歴史的緊急事態」 政府指定、記録作成義務付け”. 時事通信 (2020年3月10日). 2020年3月10日閲覧。
  37. ^ 「歴史的事態」に初指定 コロナ対策、記録義務化”. 産経新聞 (2020年3月10日). 2020年3月10日閲覧。
  38. ^ 新型コロナで改正特措法が成立 「緊急事態宣言」可能に”. 朝日新聞デジタル (2020年3月13日). 2020年3月14日閲覧。
  39. ^ 2020年3月ダイヤ改正について (PDF) - 北海道旅客鉄道プレスリリース 2019年12月13日
  40. ^ 2020年3月ダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道プレスリリース 2019年12月13日
  41. ^ 2020年3月ダイヤ改正について〜「のぞみ12本ダイヤ」をスタートします!~ (PDF) - 東海旅客鉄道プレスリリース 2019年12月13日
  42. ^ 常磐線(富岡駅〜浪江駅間)の運転再開について (PDF) -東日本旅客鉄道株式会社プレスリリース 2020年1月17日
  43. ^ 「すべて、佐川局長の指示です」自殺した職員の手記全文”. 朝日新聞 (2020年3月18日). 2020年4月11日閲覧。
  44. ^ 東京新聞:マスク転売、静岡県議の問責可決 辞職は否定「重く受け止める」”. 東京新聞 (2020年3月18日). 2020年4月11日閲覧。
  45. ^ 中国公船4隻が領海侵入 沖縄・尖閣沖:時事ドットコム 時事通信社(2020年3月20日) 2020年4月20日閲覧。
  46. ^ 原宿駅新駅舎、コンコースはガラス張り 広々オープン”. 朝日新聞 (2020年3月21日). 2020年4月11日閲覧。
  47. ^ トヨタとNTT、資本提携を発表 「つながる街」開発”. 朝日新聞 (2020年3月24日). 2020年4月11日閲覧。
  48. ^ 国内5Gサービス開始、ドコモ皮切りに”. 日本経済新聞 (2020年3月25日). 2020年4月11日閲覧。
  49. ^ 辺野古訴訟、沖縄県の敗訴確定 国交相裁決法的に可能”. 朝日新聞 (2020年3月26日). 2020年4月11日閲覧。
  50. ^ 渋谷の「顔」東急東横店、85年の歴史に幕 来店客ら最後の姿見届ける”. シブヤ経済新聞 (2020年3月31日). 2020年4月11日閲覧。
  51. ^ "東芝機械が希望退職者の募集で200~300名の人員削減へ". 不景気.com. 2020-02-04. 2020年2月10日閲覧
  52. ^ 当社商号変更に関するお知らせ”. 損保ジャパン (0001年1月1日). 2020年4月1日閲覧。
  53. ^ “日本製鉄が日新製鋼を吸収合併 高炉3社時代が到来”. 日本経済新聞. (2020年3月31日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57456780R30C20A3X13000/ 2020年4月1日閲覧。 
  54. ^ “改正民法きょうから施行 「配偶者居住権」が認められる”. 日本放送協会. (2020年4月1日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200401/k10012361421000.html 2020年4月1日閲覧。 
  55. ^ 民法の一部を改正する法律(債権法改正)について”. 法務省 (2020年4月2日). 2020年4月1日閲覧。
  56. ^ 残された配偶者の居住権を保護するための方策が新設されます。”. 法務省 (2018年7月13日). 2020年4月1日閲覧。
  57. ^ “きょうから全面禁煙の飲食店も 改正健康増進法施行で対策強化”. 日本放送協会. (2020年4月1日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200401/k10012361711000.html 2020年4月1日閲覧。 
  58. ^ 2020年、「完全IC化」でクレジットカードのセキュリティはどう変わる? 価格.comマガジン
  59. ^ 同一労働同一賃金「うちは関係ない」は誤りだ 東洋経済オンライン
  60. ^ 「知らなかった」では済まされない。対策急務、中小企業対象の罰則付き残業規制 BCN
  61. ^ 自転車保険義務化条例が施行 加入率アップへ周知カギ 東京”. 産経新聞 (2020年4月3日). 2020年4月11日閲覧。
  62. ^ 「第4の携帯」楽天が船出 コロナで一部店の臨時休業も”. 朝日新聞 (2020年4月8日). 2020年4月11日閲覧。
  63. ^ 中国公船4隻が領海侵入 沖縄・尖閣沖:時事ドットコム 時事通信社 (2020年4月8日) 2020年5月16日閲覧。
  64. ^ 中国公船4隻が領海侵入 沖縄・尖閣沖:時事ドットコム 時事通信社 (2020年4月17日) 2020年5月16日閲覧。
  65. ^ みなとみらい21中央地区に整備している新MICE施設の正式名称と通称が決定しました! (PDF) (横浜市文化観光局MICE振興課 平成30年 (2018年) 2月15日)
  66. ^ 令和2年4月24日(金) 「パシフィコ横浜ノース」が開業します!(横浜市文化観光局MICE振興課、株式会社横浜国際平和会議場〈@Press〉 2019年11月28日)
  67. ^ "札沼線・北海道医療大学-新十津川 20年5月7日に廃止". 北海道新聞. 2018-12-08. 2018年12月8日閲覧
  68. ^ “札沼線(北海道医療大学・新十津川間)最終運行について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道株式会社, (2020年4月16日), https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200416_KO_Sassyouline.pdf 2020年5月27日閲覧。 
  69. ^ "札幌の商業施設「ススキノラフィラ」、20年閉店". 日経電子版. 日本経済新聞社. 2019-10-17. 2020年5月27日閲覧
  70. ^ "京アニ放火事件のA容疑者を逮捕、容疑認める 京都府警". 産経WEST. 産業経済新聞社. 2020-05-27. 2020年5月27日閲覧
  71. ^ 新市庁舎679億円で契約へ 横浜市、竹中・西松JVと(神奈川新聞〈カナロコ〉 2015年12月5日)
  72. ^ 【移転】横浜市役所の新市庁舎、6月29日に全面供用開始!レストランやカフェなど商業施設含む32階建て(個人的横浜 2020年2月2日)
  73. ^ Radio NEO閉局のお知らせ株式会社Radio NEO 2020年3月31日
  74. ^ 停波のお知らせ 新潟県民エフエム放送株式会社 2020年3月31日
  75. ^ http://trafficnews.jp/post/54020/
  76. ^ 20年7月からレジ袋有料化 経産相が省令改正表明 日本経済新聞社
  77. ^ マイナポイント事業 総務省 公式
  78. ^ 2020年夏 横浜・山下ふ頭に18mの「実物大ガンダム」登場!(横浜観光情報)
  79. ^ 動く実物大ガンダム、横浜・山下ふ頭で2020年夏公開!(はまこれ横浜 2018年11月25日)
  80. ^ 18m実物大ガンダム、横浜で動く。「GUNDAM FACTORY」10月オープン(AV Watch, 2020年1月20日)
  81. ^ GUNDAM FACTORY YOKOHAMA(公式サイト)
  82. ^ “嵐が20年12月31日で活動休止 ファンサイトで発表”. 朝日新聞. (2019年1月27日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASM1W5STDM1WUTFL001.html 2019年1月27日閲覧。 
  83. ^ “嵐 2020年で活動休止 1999年9月に結成、5人で歩み続け今年結成20周年”. スポーツニッポン. (2019年1月27日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/27/kiji/20190127s00041000210000c.html 2019年1月27日閲覧。 
  84. ^ “「待機児童ゼロ」3年先送り 今年度末の達成は絶望的”. 朝日新聞. (2017年5月31日). http://www.asahi.com/articles/ASK5P5FQLK5PUTFL003.html 2017年10月26日閲覧。 
  85. ^ “眞子さまの結婚式、来年11月4日に東京・帝国ホテルで 宮内庁が発表”. 産経新聞. (2017年11月22日). http://www.sankei.com/life/news/171122/lif1711220037-n1.html 2018年1月12日閲覧。 
  86. ^ “結婚延期、眞子さまの文書全文 「急ぎ過ぎていた」”. 日本経済新聞. (2018年2月6日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO26593660W8A200C1I00000 2018年2月6日閲覧。 
  87. ^ 立皇嗣の礼は20年4月19日に 19年のGWは10連休 日本経済新聞 2018年10月12日
  88. ^ 立皇嗣の礼、車列簡素化 コロナ感染防止で 宮内庁時事通信2020年3月30日
  89. ^ 立皇嗣の礼、延期で最終調整 新型コロナ緊急事態宣言受け―政府時事通信2020年4月10日。
  90. ^ (仮称)横浜駅西口開発ビルの名称が 「JR 横浜タワー」 等に決定 (PDF)東日本旅客鉄道株式会社横浜支社 2018年11月22日)
  91. ^ JR横浜タワー/5月30日開業「ニュウマン」「シァル」「T.ジョイ」(流通ニュース 2020年1月23日)
  92. ^ 現職知事一覧 全国知事会。(知事のみ出典)
  93. ^ “高輪ゲートウェイ駅、3月14日開業へ”. 共同通信. (2019年12月3日). オリジナルの2019年12月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191206073625/https://this.kiji.is/574538728080835681 2019年12月21日閲覧。 
  94. ^ 「駅名変更」は来年3月14日 京浜急行線の6駅 - 神奈川新聞 (カナロコ) 2019年12月16日付、2019年12月21日閲覧。
  95. ^ 『カイジ ファイナルゲーム』など注目作5選! - シネマトゥデイ (2020年1月6日)
  96. ^ “全世界が震撼した3.11の最前線で戦い続けた作業員たちの実話を佐藤浩市主演で映画化『Fukushima 50』製作決定”. スクリーンオンライン. (2018年11月20日). https://screenonline.jp/_ct/17229275 2020年1月28日閲覧。 
  97. ^ “『Fukushima 50』米軍が日本映画初の撮影協力 「トモダチ作戦」描くために横田基地で実施”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年11月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2148988/full/ 2020年1月28日閲覧。 
  98. ^ “佐藤浩市『Fukushima 50』、日本映画初!米軍が撮影に協力 自衛隊要人輸送ヘリも”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2019年11月19日). https://www.crank-in.net/news/70997/1 2020年1月28日閲覧。 
  99. ^ 実写映画『るろうに剣心』最終章 キャストなど最新情報【まとめ】 - シネマトゥデイ (2020年1月1日)
  100. ^ “『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』来年3月日本公開”. シネマトゥデイ. (2019年10月3日). https://www.cinematoday.jp/news/N0111510 2019年12月20日閲覧。 
  101. ^ 映画『ソニック・ザ・ムービー』公開日が2020年3月27日に決定! 全世界待望の最新予告編&ポスタービジュアルも解禁!(ファミ通.com 2019年11月12日)
  102. ^ “「モンスターハンター」初のハリウッド実写映画化!カプコンと東宝が正式に発表”. シネマトゥデイ. (2018年10月5日). https://www.cinematoday.jp/news/N0104036 2019年12月20日閲覧。 
  103. ^ “ハリウッド版「モンスターハンター」は2020年9月全米公開”. 映画.com. (2019年2月17日). https://eiga.com/news/20190217/5/ 2019年2月18日閲覧。 
  104. ^ “『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』日本版予告編!2020年4月10日公開決定”. シネマトゥデイ. (2019年12月5日). https://www.cinematoday.jp/news/N0112767 2019年12月20日閲覧。 
  105. ^ “「ゴーストバスターズ」第3弾が来年公開、ポール・ラッドら登場する予告編も到着”. 映画ナタリー. (2019年12月9日). https://natalie.mu/eiga/news/358830 2019年12月20日閲覧。 
  106. ^ “小栗旬参加「ゴジラVSコング」アメリカ公開が2020年3月から11月に延期”. 映画ナタリー. (2019年11月26日). https://natalie.mu/eiga/news/357022 2019年11月27日閲覧。 
  107. ^ 「PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR」2020年春劇場公開が決定(GIGAZINE 2019年12月13日)
  108. ^ "劇場版「コナン」最新作「緋色の弾丸」は20年4月17日公開 赤井秀一ら"赤井ファミリー"集結". 映画.com. カカクコム. 2019年12月4日. 2019年12月20日閲覧
  109. ^ 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」新作劇場版が20年1月公開 新ビジュアル披露” (2018年7月2日). 2018年9月23日閲覧。
  110. ^ “「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」公開日が2020年4月24日に決定”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年11月9日). https://natalie.mu/comic/news/354807 2019年12月7日閲覧。 
  111. ^ 映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」は2020年公開 特報解禁 (ねとらぼ 2018年7月20日)
  112. ^ 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報公開(エヴァンゲリオン公式サイト 2018年7月20日)
  113. ^ 2020年6月公開『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報2公開中(エヴァンゲリオン公式サイト 2019年7月19日)
  114. ^ 映画ドラえもん、新作は『のび太の新恐竜』!シリーズ最高ヒットの監督&脚本家が再タッグ”. シネマトゥデイ (2019年7月4日). 2019年12月24日閲覧。
  115. ^ 来春開催決定!!「ドラえもん映画祭2020」”. 小学館(ドラえもんチャンネル) (2019年12月2日). 2019年12月24日閲覧。
  116. ^ a b 『映画ドラえもん』8月7日公開決定!『STAND BY ME ドラえもん2』は延期 シネマトゥデイ (2020年3月19日)
  117. ^ 「STAND BY ME ドラえもん 2」来年8月公開!名作「おばあちゃんのおもいで」を再構築”. コミックナタリー (2019年12月12日). 2019年12月22日閲覧。
  118. ^ “『Free!』シリーズの完全新作劇場版が2020年夏に公開決定! 7月5日(金)には『Free!-Dive to the Future-』を再構築した劇場版が公開”. アニメイトタイムズ. (2019年1月15日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1547513487 2019年1月18日閲覧。 
  119. ^ 「ひぐらしのなく頃に」新アニメが7月放送開始、ゆきのさつきらも続投”. コミックナタリー. ナターシャ (2020年3月21日). 2020年3月21日閲覧。
  120. ^ “「池袋ウエストゲートパーク」2020年TVアニメ化!制作は動画工房”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年9月2日). https://natalie.mu/comic/news/345909 2019年12月20日閲覧。 
  121. ^ アニメ『IWGP』7月放送開始 出演は熊谷健太郎&内山昂輝&土田玲央 紀伊民報AGARA (2020年3月25日)
  122. ^ 「ごちうさ」3期が20年制作 「ポプテピピック」新作SPが19年4月1日放送”. 毎日新聞 (2018年9月23日). 2018年9月23日閲覧。
  123. ^ 『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』2020年秋に完全新作アニメ化決定! ゲーム化プロジェクトも同時始動”. ファミ通.com (2019年12月21日). 2019年12月21日閲覧。
  124. ^ 『ダイの大冒険』来秋28年ぶり完全新作で再びアニメ化 ドラクエ世界観の人気漫画が原作”. ORICON NEWS. オリコン (2019年12月21日). 2019年12月21日閲覧。
  125. ^ ねとらぼ:舞台は前作の約10年後 “攻殻”新作アニメ「攻殻機動隊SAC_2045」、Netflixで2020年配信決定!(2018年12月8日)/「攻殻機動隊 SAC_2045」、キャラデザはイリヤ・クブシノブ(2019年6月12日)
  126. ^ 『攻殻機動隊 SAC_2045』公式サイト
  127. ^ LTD, SQUARE ENIX CO (2019年6月10日). “「FINAL FANTASY VII REMAKE」2020年3月3日(火)発売決定 北米・欧州・日本・アジア地域で同時発売” (日本語). www.jp.square-enix.com. 2019年6月10日閲覧。
  128. ^ 『FF7 リメイク』分作1作目は“ミッドガル脱出まで”と北瀬プロデューサーが明言。Blu-ray2枚組、ミッドガル内部構造の再設計などの情報も”. ファミ通.com (2019年6月14日). 2019年7月3日閲覧。
  129. ^ 『FF7 リメイク』発売日が2020年4月10日に延期へ”. ファミ通.com (2020年1月14日). 2020年1月15日閲覧。
  130. ^ 「プレイステーション 5」 2020年の年末商戦期に発売”. PlayStation.Blog (2019年10月8日). 2019年12月18日閲覧。
  131. ^ Microsoftの次世代ゲーム機の正式名称は「Xbox Series X」ではなく「Xbox」になることが明らかに(GIGAZINE 2019年12月17日)
  132. ^ 次世代Xboxの正式名称が「Xbox Series X」に決定。8K/120fpsに対応し互換性も完備した全部入りXbox”. GNN Web News (2019年12月13日). 2019年12月18日閲覧。
  133. ^ 橘公司いつか世界を救うために ―クオリディア・コード―KADOKAWA、2015年、16・17・20・21・45頁。ISBN 978-4-04-070611-5
  134. ^ 神林長平『ぼくらは都市を愛していた』朝日新聞出版、2015年、26 - 30頁。ISBN 978-4-02-264762-7
  135. ^ 長谷川圭一谷崎あきら『ウルトラマンダイナ 明日へのゼロドライブ』早川書房、2020年、9 - 11・349 - 365頁。ISBN 978-4-15-209913-6
  136. ^ 『オルディネス』取扱説明書 ハドソン、1991年、2・3頁。
  137. ^ 石原藤夫『光世紀パトロール』徳間書店、1986年、26・27・167頁。ISBN 978-4-19-578039-8
  138. ^ INFORMATION - 『セブンスドラゴン2020』公式サイト。2016年1月3日閲覧。
  139. ^ Press Information 2014年2月7日発行 第5492号 - 三菱重工公式サイト。2014年2月7日、2016年9月19日閲覧。
  140. ^ 『トライゴン』チラシ コナミ、1990年、裏面。
  141. ^ 朱白あおい『乃木若葉は勇者である 下』KADOKAWA、2017年、205・220頁。ISBN 978-4-04-892857-1

関連項目[編集]