Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考

ナビゲーションに移動 検索に移動

良質な記事にふさわしい優れた記事を見つけたり、作り上げたら、是非このページで推薦してみてください。あるいは、推薦されている記事を読んでみて、感じたことを投票という形でフィードバックしてみてください。記事に対するたくさんの意見や感想は、執筆者の励みとなります。

※推薦・投票の前に、選考のルールを一通りご確認ください。ルールに関する質問や意見はノートページにお願いします。

はじめに[編集]

  • 推薦・投票はログインユーザーのみとなります。
  • コメントは記事そのものに関して行ってください。

良質な記事の目安[編集]

以下に良質な記事の目安を挙げます。

推薦や、推薦された記事へコメントする際の参考としてください。

推薦の仕方[編集]

通常の推薦[編集]

IPユーザーによる推薦は不可です。ログインユーザならどなたでも推薦することができます。自薦・他薦は不問です。自薦の場合はその旨を述べて下さい。また、1人のユーザーが同時期に推薦できる記事の数は3つまでです。

  1. {{Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd}} というリンクを「選考中の記事」節の一番下に追加します。○○○には選考対象となる記事名を、yyyymmddは推薦した年月日を記述してください(年月日は推薦者の居住地域における標準時夏時間、あるいはUTCのいずれでも構いません)。
  2. 先の投稿によって追加されたリンク先に、以下の形式で推薦してください。推薦者としての賛成票は任意です。投票を控えても結構です。
    === {{subst:Article|選考対象記事名}} ===
    選考終了日時:'''{{subst:#time:Y年Fj日 (D) H:i|+14 days}} (UTC)'''
    *(推薦)推薦理由を記述。--~~~~
    *{{賛成}}:--~~~~
  3. 選考対象記事のノートページに{{良質な記事候補}}を貼付して選考中であることを告知します。
    書式:{{良質な記事候補|選考サブページ=○○○_yyyymmdd|よみがな=△△△}}
  4. さらに広く告知するために、Template:選考中の記事・画像一覧の選考中の記事リストに追加することもできます。

月間新記事賞と月間強化記事賞を受賞した記事の自動推薦[編集]

月間新記事賞と月間強化記事賞を受賞した記事は、自動的に推薦されます。ログインユーザーならどなたでも推薦の手続きをとることが可能で、自動推薦の記事については「同時期に3つまで」という推薦記事数の制限の対象外となります。推薦の仕方は上記の通常の推薦と同じです。推薦理由については、

*(自動推薦)20xx年xx月の月間新記事賞受賞記事。--~~~~

または

*(自動推薦)20xx年xx月の月間強化記事賞受賞記事。--~~~~

などとしてください。

投票の仕方[編集]

選考開始後に作成されたアカウントまたはIPユーザーによる投票は不可です(コメントは認められます)。推薦された記事を編集・執筆した人も投票可能です。投票・コメントは記事の全文をよく読んだ上で、以下の形式で行ってください。{{条件付賛成}}、{{条件付反対}}、{{保留}}などの下記以外の形式での投票は、最終的な投票集計では{{コメント}}と同等扱いとなるのでご注意ください。

  1. *{{賛成}}:記事に対するコメント--~~~~ - 現状で問題ないとき。現状でも良質な記事と認められるが、他に改善点がある場合にはどうぞご指摘ください。
  2. *{{コメント}}:記事に対するコメント--~~~~ - あと少し手を加えれば賛成しても良いとき。問題点を具体的に指摘してください。
  3. *{{反対}}:記事に対するコメント--~~~~ - 大幅に手を加えなければ賛成できないとき。

記事に問題点がある場合は、その箇所や改善策を具体的に指摘してください。主観を交えず、出来る限り客観的な批評を行ってください。投票内容についての質問がなされ、2週間以内に返答がないとき、投票は無効となる場合があります。不適切な多重アカウントブロック逃れによる投票・コメントは除去され、投稿されなかったものとして扱われます。ただし、選考終了後にさかのぼっての取り消しは行われません。

選考期間[編集]

選考期間は記事が推薦されてから2週間です。選考期間終了時点で賛成票が3票以上かつ2/3以上の支持がある場合は、良質な記事となります。

以下の場合に限り、どなたでも選考期間を最大4週間延長することができます。1回の選考は最大6週間までです。

  1. 記事の修正や査読など選考に時間を求める意見が出た場合、最大4週間延長することができます
  2. 延長の希望が表明されていない場合でも、2票の賛成票があり・かつ・反対票が投じられていない場合、選考期間が2週間自動延長されます

自動延長された選考は、希望が表明されればさらに選考期間を延長することができます。希望により選考期間が延長されている選考に対して、自動延長を適用することもできます。どちらでも、1回の選考期間は最大6週間までです。

早期終了[編集]

以下の場合は、早期終了として選考を直ちに終了することができます。

  • 反対意見のみ3票以上集まった状態が48時間継続した場合。良質な記事は見送りとなります。
  • 賛成意見のみ3票以上集まった状態が48時間継続した場合。良質な記事となります。
  • 賛成票がなく、推薦者が取り下げ意思を示した場合。良質な記事は見送りとなります。

選考が終了したら[編集]

選考が終了したら速やかに以下を実施してください。実施は推薦者でなくても構いません。

  1. 選考対象サブページ(Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd)に選考結果を記入する。
  2. 選考中の記事」節から選考対象サブページ({{Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd}})を除去する。
  3. ノートページから{{良質な記事候補}}を除去する。
  4. 記事がTemplate:選考中の記事・画像一覧に追加されていた場合、それを除去する。
  5. Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/選考結果リストに選考対象サブページを追加する。
  6. 選考を通過して良質な記事となった場合は、
    1. 記事本文のカテゴリ・デフォルトソートの直上に{{Good article}}を貼付する。
    2. 記事のノートページに{{良質な記事}}を貼付する。
    3. Wikipedia:良質な記事/リストへ対象記事を追加し、分類の記事数(括弧内の数字)を更新する。
      (今までに分類方法で議論になり、一定の方針を決めたものについて、Wikipedia:良質な記事/リスト/分類基準にまとめられています。)
    4. Wikipedia:良質ピックアップ/ダイジェスト版未作成記事リストに対象記事を追加する。
    5. Wikidataにおける記事のSitelinkにGood articleバッジを割り当てる(登録利用者のみ可能です)。

選考中の記事[編集]

現在時刻: 9月 16日 月曜日 14:16 (UTC) (キャッシュ破棄

郭源治 - ノート[編集]

選考終了日時:2019年9月18日 (水) 10:44 (UTC)

  • (推薦)推薦理由を記述。同じ台湾出身でほとんど同時期に活躍していた郭泰源選手、ドラゴンズ時代の同僚の今中慎二選手の記事が良質な記事に選出されていますが、当選手の記事も前者2選手と遜色のない優れた記事だと思いますので、推薦いたします。--パックリガム会話) 2019年9月4日 (水) 10:44 (UTC)
  • 賛成 :--パックリガム会話) 2019年9月4日 (水) 10:44 (UTC)
  • 賛成 先に良質な記事に選ばれている2人と同等の内容になっているものと思います。--Tam0031会話) 2019年9月6日 (金) 13:53 (UTC)
  • コメント 野球選手の記事として十分な水準にあると思います。賛成票を入れようか迷うところですが、気になった点をいくつか。
    1. アマチュア時代のセクション。「ブァフィーと名付けられた」とありますが、この名はいったいどういう位置づけなのでしょうか。台湾は改名が多い文化であることを他の台湾出身選手の例から知ってはいますが、源治の名との関係性が欲しいです(アミ族としての名前、幼名、後に改名したetc)。
    2. 日本プロ野球時代のセクション末尾。「1997年3月18日の(略)が引退試合に選ばれ」とありますが、台湾復帰は既に決まっていたようですので「引退試合」では無かったのではないかと思うのですが、当時はどのような表現が為されていたのでしょうか(送別試合?退団試合?)。
    3. 人物などの節。「背番号33は台湾代表の永久欠番(ただし、後に許銘傑や羅嘉仁が代表でこの番号を使用している)。」には出典が欲しいです。他の出典の無い記述はrefタグの位置の問題だったり、また出典の文献にあたれば書いていそうなことだったりするのですが、ここだけは気になりました。
あとは冒頭文または概要節をもうけて要点をまとめたり、「100勝100セーブ」という希有な記録を達成したことへの掘り下げがあるとより良くなると思います。--totti会話) 2019年9月10日 (火) 11:30 (UTC)
    • コメントコメントありがとうございます。さっそく調べてみたのですが、ブァフィーに関してと永久欠番に関しては有力な出典になりそうなものが調べてみたところでは見つからず、この二つに関しては今後も探してみたいとは思っていますが、かなり難航するかなぁ…と思いました。

ナゴヤドームでの引退(惜別?)試合に関しては、 http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20181216-10 ←これを追加しようかなあとは思ったのですが、こちらのページもナゴヤドームでの登板を「引退試合」と書かれていました。また、続けて引退した扱いで台湾に帰国したのち、現役復帰となっているのでこの辺りはかなり難しいところだと思いました。なので今後も郭選手に関する情報探しをしていきたいと思っていますが、上記2点に加えてこの点に関しましても台湾復帰決定〜復帰後までのいきさつを書くのに関しましてはかなり困難を極めるかなと思いました。ご意見ありがとうございます。--パックリガム会話) 2019年9月10日 (火) 13:27 (UTC)

  • 賛成 GA選出に相応しい内容と感じます。個人的には入団以降各年の年俸推移が(xx年はyy万円、という風に)抜けている年があるので、毎年発行される選手名鑑を利用して補完できたらいいかな?と思います(自分も中山裕章平田洋の記事を執筆した際に選手名鑑を複数利用してその記述を加筆したのでできれば時間のある時にでもお助けさせていただきたいと思います)。--利用者:要塞騎士会話 / 投稿記録 / 記録 2019年9月16日 (月) 09:58 (UTC)
    • Symbol comment vote.svg 追記 出典の新聞記事に関してですが、中日ドラゴンズ中日新聞社の子会社ですので全国紙以上に同社発行の『中日新聞』・『東京新聞』・『中日スポーツ』・『東京中日スポーツ』といった新聞や月刊誌『月刊ドラゴンズ』、および球団の各年度発行イヤーブックといった出典を使うとより濃密な内容の記事が書けると思います(中日ファン&中日新聞読者としての意見)。中日新聞のデータベースは1989年以前の記事には対応していないのがネックですが、郭選手の場合は平成に入ってからも実績を残している選手ですのでデータベース・紙面ともに組み合わせて使えば調べやすいことでしょう。--利用者:要塞騎士会話 / 投稿記録 / 記録 2019年9月16日 (月) 13:08 (UTC)

北樺太石油 - ノート[編集]

選考終了日時:2019年9月24日 (火) 16:37 (UTC)

  • (自動推薦)2019年8月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2019年9月10日 (火) 16:37 (UTC)
  • 賛成 経緯から操業の様子までかなりしっかり書かれた記事になっているものと思います。--Tam0031会話) 2019年9月12日 (木) 14:58 (UTC)
  • 賛成 大変興味深い記事です。ヴェルスタというロシア独自の単位や日本人社員の稼ぎとしての「2千円位」などは直観的に大きさや金銭感覚がわかりづらいので、簡単な注釈があると嬉しいと思います。--TEN会話) 2019年9月12日 (木) 15:05 (UTC)

著作権法 (フランス) - ノート[編集]

選考終了日時:2019年9月24日 (火) 16:37 (UTC)

  • (自動推薦)2019年8月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2019年9月10日 (火) 16:37 (UTC)
  • コメント アメリカ法の著作権の概念についてはしばしば紹介されることはありますが、それ以外の国についてここまで詳しく説明された記事を読んだのは初めてです。独特の特徴と長い歴史がうまく解説されていると思います。ただ「特徴まとめ」の節の最後で、フランス法で認められてこなかった頒布権と消尽論が明確化される改正がされたと説明されている一方、「著作財産権」の節では頒布権だけ記載して消尽論を明確に書いてないのは、何か意図があるのでしょうか。「まとめ」はあくまでまとめなので、各論(詳細)の節で触れられていないのにまとめだけで書かれていることがあるのは違和感があります。歴史の「EU指令とフランス国内法改正」の節も、頒布権と消尽論について説明する必要はないのでしょうか。--Tam0031会話) 2019年9月12日 (木) 15:02 (UTC)
  • メイン執筆者です。著作権法 (アメリカ合衆国) の秀逸な記事選考に引き続き、フランスの選考にもご協力頂きありがとうございます。頒布権と消尽論についてのご質問ですが、さすが鋭いですね。回答は「まだ私の理解が足りていないから、うまく書けなかった」というのが正直なところです。米国と比べてフランスは書籍の入手が困難な状況でして、最も参考になったのが井奈波氏 (フランス知的財産法専門の弁護士で、日本の文化庁の著作権国際分科会の専門委員) のPDFなのですが、これが2005年時点でストップしています。フランスでDADVSIが成立したのが2006年で、これによってフランスにおける頒布権や消尽論の方向性に大きな変化が生じているのですが、まだ解明できていません。で、現在私は何をやっているかというと、2019年6月に発効した en: Directive on Copyright in the Digital Single Market (DSM著作権指令) の日本語版立項です。日本語版Wikipediaでも今年4月ごろに真っ黒なバナー表示がされて反対運動を行っていた、アレです。この立項作業を行えば、2001年の情報社会指令以降のデジタル著作物侵害対策の大きな流れが把握できます。その理解を踏まえた上で、フランスの頒布権や消尽論の補強に戻ってこようという算段です。あと1週間ほどでDSM著作権指令の「とりあえず」立項に目途がつきそうで、その後、秀逸な記事の米国修正を行った後、フランスの加筆...の順番なので、反対票が入って早期終了にならなければ、当選考の2週間期限を延長しようかなと思っています。--ProfessorPine会話) 2019年9月12日 (木) 15:25 (UTC)

補聴器の歴史 - ノート[編集]

選考終了日時:2019年9月24日 (火) 16:38 (UTC)

  • (自動推薦)2019年8月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2019年9月10日 (火) 16:38 (UTC)
  • 賛成 単純に翻訳に頼ることなく、きちんと日本語版での出典を調査して、これだけ特定のデバイスに対する歴史を記述できることは素晴らしいと思います。単純にデバイスの技術的な発展だけではなく、社会としての需要の歴史、つまりこの時代だとどのくらいの人が補聴器を使っていて、それは社会からはどう受け止められていたのか、といったことがあれば、より充実するのではないかと思います。--Tam0031会話) 2019年9月12日 (木) 15:05 (UTC)
  • 賛成 わかりやすく簡潔に補聴器の通史が説明されており感銘を受けました。技術面の解説が中心になっているので、Tam0031さんのご指摘のように、利用面についての説明が充実するとより良くなるものと思います。--Mogumin会話) 2019年9月15日 (日) 07:59 (UTC)
  • 賛成 :技術、利用者、メーカー、そして原文にはない日本の事情も出典つきで簡潔にまとめられているので、賛成します。--Moke会話) 2019年9月15日 (日) 15:56 (UTC)

羽根田利夫 - ノート[編集]

選考終了日時:2019年9月24日 (火) 16:39 (UTC)

  • (自動推薦)2019年8月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2019年9月10日 (火) 16:39 (UTC)

しまなみ海道サイクリング - ノート[編集]

選考終了日時:2019年9月24日 (火) 16:39 (UTC)

  • (自動推薦)2019年8月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2019年9月10日 (火) 16:39 (UTC)

大久野島毒ガス資料館 - ノート[編集]

選考終了日時:2019年9月25日 (水) 00:04 (UTC)

  • (自動推薦)2019年8月の月間強化記事賞受賞記事。--Trgbot会話) 2019年9月11日 (水) 00:04 (UTC)
  • コメント 出典の充実度、多角的な構成、分かりやすい説明など、秀逸な記事に近い水準だと思います。ノートページの「#ページ分割について」および「#改名も代案としてご検討下さい」で指摘されている事項さえ解消されれば、賛成票を投じるつもりです。--ProfessorPine会話) 2019年9月12日 (木) 15:05 (UTC)

神州丸 - ノート[編集]

選考終了日時:2019年9月25日 (水) 00:04 (UTC)

  • (自動推薦)2019年8月の月間強化記事賞受賞記事。--Trgbot会話) 2019年9月11日 (水) 00:04 (UTC)
  • コメント 船舶の説明として、要点を押さえた分かりやすい文章になっているものと思います。ただし、特徴や評価、そして沈没の経緯に関して典拠はっきりしない記述があるのが気になります。特に以下の箇所に脚注形式で出典を示していただけると嬉しいです。--Mogumin会話) 2019年9月16日 (月) 13:08 (UTC)
    • 「建造の経緯」節、「これら極めて先進的な機能を有する艦船は、神州丸が世界初であった…」の段落、および次段落。
    • 「舟艇泛水設備」節全体
    • 「航空機運用能力」節、最終段落の「しかしながら、神州丸はただの揚陸艦から一歩進んだ…」以降。
    • 「最期(マタ40船団)」節の沈没の経緯。ヒ85船団によると異説があるとされています。

名古屋市電笹島線 - ノート[編集]

選考終了日時:2019年9月25日 (水) 00:04 (UTC)

  • (自動推薦)2019年8月の月間強化記事賞受賞記事。--Trgbot会話) 2019年9月11日 (水) 00:04 (UTC)
  • 賛成 かつて存在した路面電車の一路線について、丁寧に解説されているものと思います。--Mogumin会話) 2019年9月16日 (月) 12:52 (UTC)

兼用工作物 - ノート[編集]

選考終了日時:2019年9月25日 (水) 00:04 (UTC)

  • (自動推薦)2019年8月の月間強化記事賞受賞記事。--Trgbot会話) 2019年9月11日 (水) 00:04 (UTC)
  • 反対 月間強化記事賞で当記事に1票投じた者です。一読者としては賛成、法学ジャンルの一執筆者としては反対です。
  1. 【良い点】読者フレンドリーな記事です。兼用工作物という聞きなれない法律用語ですが、なぜこのような兼用の概念が必要なのかプレーンな言葉で理由が書いてあり、具体例として「街路と一体となった都市公園」「堤防上に設けられる道路」などが挙げられていてイメージがわきやすいので、頭から読んでいってすんなり理解できました。複数の法律にまたがって規定されている概念なのですが、「#個別の法律による規定」節でしっかり文章で説明し、その後に「#各法律の定め」節で対照表を使ってまとめてある点も、読者にとってやさしい造りになっていると思います。一見すると出典数が少なく見えるかもしれませんが、解説本 (二次資料) だけでなく、法律の条文そのもの (一次資料) を掲示している点も、記述の正確性を担保する上で重要であり、良質な記事の選考目安に掲げられている信頼できる情報源の基準をしっかり質的にクリアしていると思います。
  2. 【簡単に改良できる課題 (1)】現在の導入節は定義として抽象的なので、「#概要」節を廃止して、導入節に併合した方が良いでしょう。デスクトップビューで読むと、導入節の直後に長い目次が来るので、画面スクロールして概要節まで読まないと、この記事が何を主題に書いているのか分からなくなってしまい、理解を分断してしまいます。
  3. 【簡単に改良できる課題 (2)】最後の対照表はわざわざ見出しレベル2の「各法律の定め」節にする必要性を感じず、見出しレベル3に落とした上で、見出しレベル2の「個別の法律による規定」節に内包させた方が良いと思います。
  4. 【簡単に改良できる課題 (3)】道路法河川法などの解説がありますが、Wikisourceまたはe-Gov法令検索上の該当条文にリンクを貼った方が良いでしょう。たとえば道路法第31条のような感じです。これは冒頭に{{Law}}を貼っている通り、法学では最新の法改正を反映できず、記事の鮮度が落ちやすい宿命にあるためです。検証可能性を担保する上で、読者に最新の条文をすぐにアクセスしてもらえる工夫が必要と考えます。
  5. 【抜本的な改稿を要する課題】詳細ルールは「プロジェクト:法学#法の適用に関する注意事項」や「プロジェクト:法学#子記事について」も参考になさって頂きたいのですが、兼用工作物という法的概念は日本に限った話ではありません。後から別の執筆者が、日本国外の兼用工作物について加筆しようと思った時に、このようなページの造りだと非常に困ります。日本固有の定義・法的範囲の話なのに、あたかも世界共通のごとく書かれてしまっていると、他国を加筆する時に導入節・概要からすべて書き直す必要が出てきて、ガラっと変わってしまうため、良質な記事の再選考が都度発生してしまいます。この問題を回避するには2つのパターンが考えられます。
  • パターン (A) 「兼用工作物 (日本法)」とページ改名する。ただしこの場合、移動跡地となる「兼用工作物」はリダイレクトにせず、世界一般的な兼用工作物の解説まとめページに作り替える必要があります。つまり、親ページで世界共通解説、子ページで各国詳細解説、という階層構造にしてしまうパターンです。「独占禁止法」がこのパターンをとっていて、子ページとして「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」(日本に特化)、「反トラスト法」(米国)、「欧州連合競争法」(EU) があります。
  • パターン (B) 「兼用工作物」の目次構成を変更し、「兼用工作物#各国の規定状況」を見出しレベル2で作成し、見出しレベル3に「日本」「欧州連合」...と各国の状況を書けるようにしておきます。そして日本以外は{{節スタブ}}を貼っておいて、他者に加筆を促す方法です。パターンAだと親ページを作らないと子ページの「兼用工作物 (日本法)」が成立しないのですが、パターンBを採用すれば、今の執筆内容をうまく踏襲できます。ただし導入節~概要節については、現時点では日本に特化してしまっているので、全面的に書き直す必要がありますが。まだ作業中ですが、パターンB採用のサンプルとして著作者人格権のBefore / Afterをご紹介しておきます。
ABどちらを採用しても、良質な記事の目安となる「ある程度のトピック網羅性」や「(国際) 中立性」の観点を満たすには、外堀が埋まっていなくて不十分なため、選考期間内の対応は難しいのではないでしょうか。--ProfessorPine会話) 2019年9月12日 (木) 11:18 (UTC)

三条通り - ノート[編集]

選考終了日時:2019年9月27日 (金) 22:53 (UTC)

  • (推薦)奈良県奈良市にある道路の記事です。郷土史などを出典にして分かりやすくまとめられ、適切に画像を用いることでこの道路に対して多面的に知れる記事だと思います。よって、良質な記事に推薦します--運動会プロテインパワー会話) 2019年9月13日 (金) 22:53 (UTC)

グラスワンダー - ノート[編集]

選考終了日時:2019年9月30日 (月) 07:10 (UTC)

関連項目[編集]