メインページ

出典: フリー百科事典『とは (Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

選り抜き記事

群馬県内における上越新幹線の経路と中山トンネルの位置

中山トンネルは、上越新幹線高崎駅 - 上毛高原駅間にある総延長14,857 m複線鉄道トンネルであり高崎方面から進行すると榛名トンネルの次、二番目に通過するトンネルである。建設中に2回の大出水事故を起こして難工事を極め、2回の経路変更によりようやく完成したが、経路変更のためにトンネル内に半径1,500 mの曲線ができてしまい、営業速度240 km/hの新幹線がトンネル内の曲線部分を通過するときには160 km/hに減速せざるをえなくなった。また日本において初めて新オーストリアトンネル工法 (NATM) が採用されたトンネルである。当初の予想を大幅に超えた難工事による工期の遅れから、中山トンネルの工事は上越新幹線全体の開業に多大な影響を与えることとなり、事前の地質調査の重要性など、多くの教訓を残すこととなった。……


  • 大正天皇は、日本の第123代天皇嘉仁称号明宮。政治経験に欠けていたことと生来の気まぐれな性格から、不用意な言動がしばしば政治的混乱を招き、臣下からの信頼を得るに至らなかった。次第に健康状態が悪化し、裕仁親王摂政に就任……
  • ばらずしは、サバおぼろを用いることを特徴とする京都府北部・丹後地方郷土料理。他のばらずしと区別するため「丹後ばらずし」「丹後寿司」等と呼ばれることもある。「丹後ばらずし」として日本遺産丹後ちりめん回廊の構成文化財に認定された……
  • ドイツ国防軍空軍軍服について記述する。ナチス政権期に創設された空軍は、その軍服もナチスの影響が大きく、ドイツ軍服の伝統的スタイルからは若干離れていた。しかしそのデザインの評価は高く、三軍の中でも一番洗練されているのではないかとの指摘もある……

新しい記事

強化記事

  • 団十郎朝顔は、柿色の花を咲かせる朝顔に付けられる品種名である。明治時代、朝顔の名所であった入谷で初めて売り出され、以降様々な朝顔に「団十郎」という名前がつけられてきた。名前の由来については、明治初期、入谷の植木屋・成田屋留次郎が柿色丸咲きの朝顔を「成田屋」と名付けて販売しており、加えて当時劇壇の明星であった九代目市川團十郎の三升の紋が柿色に染め出されていることから、「成田屋」と呼ばれた朝顔が「団十郎」と呼ばれるようになった、という説をはじめ諸説ある。……
  • 紡錘体は、真核生物細胞分裂において、姉妹染色分体を娘細胞へ分離するために形成される細胞骨格構造である。染色体に加えて、数百のタンパク質から構成されている。遺伝学的に同一な娘細胞を作り出す過程である有糸分裂の際に形成される紡錘体は、有糸分裂紡錘体と呼ばれる。また、親細胞の染色体の半数を含む配偶子を形成する過程である減数分裂の際に形成される紡錘体は、減数分裂紡錘体と呼ばれる。……

今日は何の日 11月24日

ウィキメディアプロジェクト

とは は非営利団体であるウィキメディア財団によって運営されています。並びに以下の姉妹プロジェクトも運営しています。

とは は日本語をはじめ約300の言語で執筆されています。全ての言語版についてはとは の一覧全言語版の統計をご覧ください。以下は特に規模の大きな言語版です。

とは の運営は皆様の寄付によって成り立っています。ご理解・ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。