スイケトゥ・チェルビ

出典: フリー百科事典『とは (Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スイケトゥ・チェルビモンゴル語: Süyiketü Čerbi,中国語: 速亦客禿扯児必,? - ?)は、コンゴタン氏出身のチンギス・カンに仕えた千人隊長の一人。『元史』などの漢文史料では速亦客禿扯児必(sùyìkètūchĕérbì)、『集史』などのペルシア語史料ではسوکتو چربی(Sūkātū Jarbī)と記される。

概要[編集]

チンギス・カンに仕えたコンゴタン族長モンリク・エチゲの息子として生まれ、兄にはココチュ(テプ・テングリ)トルン・チェルビ、弟にはダイル(諸説あり)らがいた。

スイケトゥはチンギス・カンが最初に定めたケシク(親衛隊)バウルチ(主膳の司)の一人であったことが知られている。『モンゴル秘史』にはバヤウト部のオングルスニト部のカダアン・ダルドルカンら3人が、チンギス・カンの「朝の飲み物/え欠かすまじ 夕べの飲み物を/え怠るまじ」という言葉とともに最初のバウルチに任ぜられたと記されている[1]

1204年ケレイトを併合したチンギス・カンは千人隊制度(ミンガン)親衛隊制度(ケシク)の原型を創設し、モンゴル帝国の基盤を作り上げた。その際、ドダイドゴルクオゲレブチャラン、そしてトルンとスイケトゥ兄弟の6人を侍従(チェルビ)に任命した[2]。これ以後、スイケトゥはチンギス・カンの側近として活躍するようになる。

1219年ホラズム遠征が始まると、スイケトゥはバアリン部のアラク・ノヤンスルドス部のタガイとともに別働隊としてファナーカト攻略に派遣された。本来、東方からマーワラーアンナフルに向かうに進む際にはファナーカトを経由するルートが正規であり、アラクらの別働隊はオトラル経由で進むチンギス・カンの「本隊」から目をそらす陽動部隊としての役割を担っていたと考えられる。実際に、アラクはファナーカトを短期間で攻略した後もすぐにシル川を渡らず、続いてホジェンドを攻略した[3]。これ以後のスイケトゥの事蹟については知られていない。

コンゴタン氏モンリク家[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 村上1970,256頁
  2. ^ 村上1972,248頁
  3. ^ 杉山2010,85-87頁

参考文献[編集]

  • 志茂碩敏『モンゴル帝国史研究 正篇』東京大学出版会、2013年。
  • 杉山正明『モンゴル帝国と大元ウルス』京都大学学術出版会、2004年。
  • 杉山正明「モンゴルの破壊という神話」『ユーラシア中央域の歴史構図』総合地球環境学研究所、2010年
  • 村上正二訳注『モンゴル秘史 2巻』平凡社、1972年。
  • 村上正二訳注『モンゴル秘史 3巻』平凡社、1976年。