小倉新田藩

出典: フリー百科事典『とは (Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小倉新田藩(こくらしんでんはん)は、小倉藩支藩である。末期に千束藩(ちづかはん)と称した。

概略[編集]

寛文7年(1667年)、小倉藩2代藩主小笠原忠雄の藩主就任時、弟の真方が1万石を内分分知され立藩した。藩主家は参勤交代を行わない江戸定府の大名であった。明治2年(1869年)、千束(豊前市)に陣屋を構え千束藩と改称した。明治4年(1871年)、廃藩置県により千束県となる。のち、小倉県を経て福岡県に編入された。明治17年(1884年)、千束藩小笠原家は子爵となり華族に列した。

歴代小倉新田藩主[編集]

小笠原家

譜代 1万石 (1667年 - 1871年)

  1. 真方
  2. 貞通
  3. 貞顕
  4. 貞温
  5. 貞哲
  6. 貞謙
  7. 貞嘉 小倉藩8代藩主・小笠原忠嘉となる
  8. 貞寧
  9. 貞正
先代:
小倉藩の一部
行政区の変遷
1667年 - 1871年 (千束藩→千束県)
次代:
小倉県