小説家

出典: フリー百科事典『とは (Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小説家とは小説を書く者である。

「小説家」と「小説の著者」とを明確に区別する基準は無い。一般的に小説家とは、職業として執筆した作品によって収入を得ている者をはじめ、兼業で、他の職業と両立して執筆している場合も「小説家」と呼ぶ場合が多い。小説による収入は少なく、講演活動や小説以外の著述で生計を維持している著作家の場合でも、作品が広く知られているために一般に小説家と見なされている例も多いが、作品数が少ないか作品が広く出版されていない場合、小説家と見なされないのが普通である。

例として小説家も加盟する日本ペンクラブでは、会員資格を「自費・自主出版を除く文芸的著作物が2作品以上ある作家」と定義している。

特に、著述を主たる職業とする者を「職業作家」・あるいは「プロ作家」などと呼ぶこともある。一方で「アマチュア小説家」という言葉も存在するが、アマチュアである小説家の意で使われるだけでなく、著述活動が小説家と呼ぶには足りない者、という意味合いで使われることも多い。

兼業作家もまた多く存在する。特に出版不況のもとでは、商業文芸雑誌に作品が掲載されても、それが単行本とならない例も多く存在するため、有名人のゴーストライターを務めたり、兼業(文筆業とは限らない)を強いられる例が少なくない。

文学作家の中でも、大家・大作家のことを特に文豪と呼ぶ[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]