狸銀座を歩く

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

狸銀座を歩く』(たぬきぎんざをあるく)は、1950年(昭和25年)公開のオペレッタ映画。加戸敏が監督、民門敏雄脚本。[1]

狸銀座を歩く
監督 加戸敏
脚本 民門敏雄
出演者 水の江瀧子
暁テル子
灰田勝彦
音楽 灰田勝彦
浅井挙曄
撮影 牧田行正
製作会社 大映京都撮影所
配給 大映
公開 日本の旗 1950年4月23日
上映時間 80分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

出演者[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1] 角川映画、2020年5月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]