鹿島藩

出典: フリー百科事典『とは (Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鹿島藩(かしまはん)は、佐賀藩支藩。藩主家は鹿島鍋島家。鹿島(佐賀県鹿島市)周辺を領有した。

概要[編集]

佐賀藩の初代藩主・鍋島勝茂の弟・忠茂慶長16年(1610年)、佐賀藩より2万石分与され、忠茂が元々領していた下総国香取郡内の5000石を加え、2万5000石で立藩し、常広城を拠点とした。寛永19年(1642年)、第2代藩主・正茂の時、佐賀藩主・勝茂は自身の九男・直朝を嗣子のない正茂の養子に据えようとしたが拒まれたため、鹿島の領地2万石を返還させた。以後、正茂は下総香取5000石の旗本に帰した。同年に結局、勝茂は直朝にその領地2万石(佐賀藩の内高となる)を与えた。9代藩主の直彜文化4年(1821年)に鹿島城を築き、居城としている。

明治4年(1871年)、廃藩置県により鹿島県となる。その後、伊万里県・佐賀県・三潴県長崎県を経て佐賀県に編入された。

藩主の鍋島家は明治2年(1869年)に華族に列し、明治17年(1884年)の華族令子爵に叙せられた。

陣屋は、赤門(正門)と大手門と土塀が現存する。また常広城城門が個人宅に移築されている。

歴代鹿島藩主[編集]

  1. 忠茂
  2. 正茂
  3. 直朝
  4. 直條
  5. 直堅
  6. 直郷
  7. 直熙
  8. 直宜
  9. 直彜
  10. 直永
  11. 直晴
  12. 直賢
  13. 直彬

鹿島藩家老[編集]

田中家、納富家、愛野家、原家

先代:
佐賀藩の一部
行政区の変遷
1642年以降 - 1871年 (鹿島藩→鹿島県)
次代:
伊万里県