1945年

出典: フリー百科事典『とは (Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千年紀: 2千年紀
世紀: 19世紀 - 20世紀 - 21世紀
十年紀: 1920年代 1930年代 1940年代 1950年代 1960年代
: 1942年 1943年 1944年 1945年 1946年 1947年 1948年

1945年(1945 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、月曜日から始まる平年昭和20年。

この年に第二次世界大戦が終結したため、世界史の大きな転換点となった年である。

この項目では、国際的な視点に基づいた1945年について記載する。

他の紀年法[編集]

※満州国は、この年(1945年)の8月18日皇帝溥儀が退位し消滅。
※阮朝は、保大帝の退位により滅亡。
※檀紀は、大韓民国1948年に法的根拠を与えられたが、1962年からは公式な場では使用されていない。
※主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国1997年に制定された。

カレンダー[編集]

1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

周年[編集]

以下に、過去の主な出来事からの区切りの良い年数(周年)を記す。

芸術・文化・ファッション[編集]

1945年の映画
1945年のスポーツ
1945年の音楽

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]


12月[編集]

死去[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

ノーベル賞[編集]

フィクションのできごと[編集]

  • 4月2日 - ナチス・ドイツで「ノルトナハト計画」に従事していたハインツ・ホルスト・フォムマハト教授らが、彼の3人の娘をソ連軍から逃すため、3機のロケットに乗せてパルドゥビツェの前哨基地から宇宙へと打ち上げる。(小説『人類補完機構シリーズ』)[4]
  • 4月12日 - ドイツ空軍のMe262が南東ドイツ上空で円盤状の飛行物体「フッケバイン」1機を撃墜。これを受け、オットー・スコルツェニィSS少将の指揮により、田舎街カッツェンボルンの近郊に墜落したフッケバインの調査と回収を目的とした「〈フッケバイン〉作戦」が開始される。(小説『鏖殺の凶鳥』)[5][6]
  • 4月30日 - 「マンハッタンの覚醒」発生。統一帝国銀十字軍の占領下にある合衆国マンハッタン島に「天使」が出現する。天使はマンハッタン島の銀十字軍基地とピッツバーグ要塞を相次いで沈黙させ、5月2日ロッキー山脈麓で銀十字軍の大兵力と激突。この「第二次ロッキー会戦」は5月8日に銀十字軍の全滅によって終わる。天使の初出現。(TRPG『エンゼルギア』)[7]
  • 7月 - 「幻獣戦争」勃発。地球の衛星軌道上に突如謎の天体「黒い月」が現れ、それと同時に出現した人類の天敵となる異生物「幻獣」の大群が、ヨーロッパおよび中東より人類への攻撃を開始。これを受けて第二次世界大戦は終結へと向かう。(ゲーム『高機動幻想ガンパレード・マーチ』)[8][9][10]
  • 8月6日 - 時間旅行者ユリ・シギアが原子爆弾「ファットマン」を搭載した状態のB-29「ボックス・カー」をハイジャックし、歴史を改変するためにボックス・カーごと未来へタイムトラベルする。(小説『ARIEL』)[11]
  • 夏 - 国際的な秘密組織「CANY」が、第二次大戦中に実戦配備に至らなかった各国の試作兵器群を用いて世界の転覆を画策。連合軍司令部は極秘裏に特殊部隊「ストライカーズ」を結成し、これに対抗する。(ゲーム『ストライカーズ1945』)[12]
  • ナチス・ドイツの残党が円盤機を用いて南極からへと逃げのび、後に「月面ナチス」となる。(映画『アイアン・スカイ』)[13]
  • 冬 - 世界に再び混沌をもたらそうとする組織「F・G・R」によって、CANYが用いた新型兵器データがアメリカ国防総省から流出。これを受け、新兵器開発実験部隊となっていたストライカーズが再招集される。(ゲーム『ストライカーズ1945II』『ストライカーズ1945 PLUS』)[14][15]
  • 第二次世界大戦中から確認されていた「インベーダー」の暗躍が、大戦終結後から活発化。これに対抗すべく国連の元に地球防衛機構イージスが結成される。(ゲーム・アニメ『ゲートキーパーズ』)[16]
  • マフィアのボス、ヴィト・コルレオーネが襲撃され重傷を負う。(映画『ゴッドファーザー』)
  • ザール星間帝国に滅ぼされたエリオス星の王子ハーリン(後の楯隼人)が、アール博士・ダルタニアスと共にアダルス基地で地球に飛来するが、ハーリンのみ基地から脱出。(アニメ『未来ロボ ダルタニアス』)
  • 第二次世界大戦終結後、UFOの飛来回数が急激に増加しだす。(小説『妖精作戦』)[17]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ドイツ史では、第二次世界大戦での敗北によってナチ政権が崩壊、戦後の再建が開始したことからこの終戦を「Stunde Null零時)」と表現する(サーラ・スヴェン「ドイツと日本における「終戦」「敗戦」「解放」の記憶」『ヨーロッパ研究』第7巻、大阪国際大学、2008年3月、 5-28頁、 NAID 40016029760
  2. ^ フランス料理のスター、ロブション氏死去 ミシュラン星30以上”. BBCニュース (2018年8月7日). 2020年11月7日閲覧。
  3. ^ 興雄, 村瀬. 日本大百科全書(ニッポニカ) コトバンク. 2021年2月16日閲覧。
  4. ^ コードウェイナー・スミス『人類補完機構全短編 1 スキャナーに生きがいはない』早川書房、2016年、85 - 87・95・100・101・109頁。ISBN 978-4-15-012058-0
  5. ^ 文庫化時に『凶鳥〈フッケバイン〉 ヒトラー最終指令』に改題。
  6. ^ 佐藤大輔『凶鳥〈フッケバイン〉 ヒトラー最終指令』角川書店、2003年、5・9 - 12・71 - 75・82 - 86・346頁。ISBN 978-4-04-373201-2
  7. ^ 井上純弌F.E.A.R.『エンゼルギア 天使大戦TRPG』エンターブレイン、2003年、127・128・136頁。ISBN 978-4-7577-1469-4
  8. ^ 広崎悠意『高機動幻想ガンパレード・マーチ』メディアワークス、2001年、21・22頁。ISBN 978-4-8402-1724-8
  9. ^ 『アルファ・システム サーガ』樹想社、2004年、111頁。ISBN 978-4-87777-052-5
  10. ^ 芝村裕吏アルファ・システムAの魔法陣 ルールブック ~ガンパレード・マーチ篇~』エンターブレイン、2008年、204・205・234頁。ISBN 978-4-7577-4453-0
  11. ^ 笹本祐一『ARIEL〔11〕』朝日ソノラマ、1996年、30 - 38・86 - 92頁。ISBN 978-4-257-76783-1
  12. ^ タイトー、往年のアーケードゲームの名作が帰ってきた! PS2「彩京シューティングコレクションVol.1 STRIKERS 1945 I&II」 - GAME Watch。2004年4月23日、2016年6月4日閲覧。
  13. ^ 高橋ヨシキ『アイアン・スカイ』竹書房、2012年、45 - 51頁。ISBN 978-4-8124-9094-5
  14. ^ SuperLite 1500シリーズ ストライカーズ1945II - サクセス公式サイト、2020年12月27日閲覧。
  15. ^ ゲーム紹介 - 『ストライカーズ1945 PLUS Portable』公式サイト、2016年2月11日閲覧。
  16. ^ ゲーム版『ゲートキーパーズ』第019話より。
  17. ^ 笹本祐一『妖精作戦』東京創元社、2011年、205頁。ISBN 978-4-488-74101-3

関連項目[編集]